VISIT

沖縄宇宙通信所

沖縄県国頭郡

人工衛星の追跡管制を行う

沖縄宇宙通信所は、1968(昭和43)年2月、旧科学技術庁宇宙開発推進本部の「沖縄電波追跡所」として発足、1969(昭和44)年10月、旧宇宙開発事業団の発足とともにその一施設となり、2003(平成15)年10月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設となりました。

施設見学について

開館時間:10:00~16:30
休館日 :不定休
予約  :不要
     団体(20名様以上)については、事前に要予約(見学希望日の1か月前から1週間前までに)

詳しくはこちら https://track.sfo.jaxa.jp/facilities/okinawa.html

所在地 :沖縄県国頭郡恩納村字安富祖金良原1712
施設詳細:無料駐車場 普通車 約10台、中型バス1台
車椅子・ベビーカー  可
貸出 車椅子のみ(2台、無料)
ペットの入場 盲導犬・介護犬のみ

沖縄宇宙通信所のお知らせ

新型コロナウイルス対策について

 施設では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、対策を実施しております。
 ご来館の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
 詳しくはこちらをご参照ください。

沖縄宇宙通信所 施設見学について

沖縄宇宙通信所には、パラボラアンテナ(計4基)のほか、人工衛星の役割を説明した第1展示室、放送衛星(BS)エンジニアリングモデルを展示した第3展示室、宇宙に関する情報を楽しく学べる宇宙情報ルーム・ビデオルームおよび環境コーナーなどがあり、ご見学いただけます。(コロナウィルス感染拡大防止のため一部展示内容を変更しています。)
※見学は無料です。

特集

施設一般公開

毎年「宇宙の日」の記念行事として、施設の特別一般公開を行っています。
詳しくはファン!ファン!JAXA!のイベントでお知らせいたします。

見学施設のご紹介

展示室

展示室では、人工衛星/ロケットの種類及び役割を紹介する模型や、放送衛星(BS)「ゆり」を開発する際に製作された試験機の実物などをご覧いただけます。ビデオルームでは、ロケットの打ち上げ映像、宇宙開発に関するビデオ、アニメなどが視聴できます。また、宇宙・環境関連の図書、インターネットおよび宇宙関連クイズができるパソコンなど、宇宙開発について楽しく学べる「宇宙情報ルーム」もあります。