投稿コーナー

皆様からのコメントを募集しています!

このコンテンツでは、ファン!ファン!JAXA!編集部が出題するテーマに対し、皆さまからのコメントを募集しています。
たくさんのコメントお待ちしております!

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマはこちら!

新年初夢企画! 「こんなこといいな、できたらいいな」

しめきり2013年1月31日(木)

12月のお題「2013年を振り返り、最も印象深かったJAXAのプロジェクトは?」に温かいメッセージををお寄せいただきありがとうございました。D-SEND#2の再起に向けて激励を頂くなど、来年に向けて思いを新たにさせていただきました。

さて、第8回となる1月のお題は、2014年を迎えての初夢企画として「こんなこといいな、できたらいいな」をテーマに投稿を募集します。宇宙・航空分野は常に一歩先の未来に向けて様々な研究・開発に取り組んでいますが、遠い未来に宇宙・航空分野でこんなことが実現していたらいいな、こんなプロジェクトがあれば夢があっていいな、と思う内容をこれまでの常識にとらわれず自由な発想でお寄せください。ご投稿おまちしております!

※ご投稿いただいたメッセージは、1月6日より公開いたします。
また、内容によって掲載を見合わせる場合がございます。予めご了承ください。

教育テレビなどでJAXAやISAS支援による宇宙関連専門の番組が出来たらよいなと思います。
難しくても良いからロケット打ち上げ入門とか軌道計算入門など観て、勉強したいです。

今回は若田さんへの応援メッセージを書いていて思いました。
宇宙と地上との交信で、「今、この時間を共に生きている。皆、繋がっている。」ということを若田さんと実感してみたいです。若田さんとの交信で何かは分りませんが、良い意味で何らかの変化を起こす人が出てくるかもしれません。宇宙に興味を示す人が増えるかもしれません。宇宙関係の仕事に目を向ける人が増えるかもしれません。

アニメの「宇宙兄弟」を見てて考えました。
本当に月面に望遠鏡を作れば、宇宙の謎がより明らかになっていくのではないかと。
地球からでは遠すぎて見えない惑星や星雲なども、約38万4000㎞離れた月なら1つ2つと宇宙の謎が次々と発見されると思います!!

確かに…
月面望遠鏡ができたら、また新たな発見がありそうですね

そのためにも俺は、もっと宇宙開発に国家予算をつぎ込んで欲しいです

あとシャロンのためにも、ムッタ頑張ってほしい!

捨てきれない夢(新しい推進装置)

遠心力を利用した装置で
一方向により遠心力を強めたら
(後ろより前 下より上)
推進力に利用できる
当然
作用・反作用の法則はしってるよ

理論を書くのも
構造がシンプルすぎるので
書けないが

動力は電気
装置の大きさは
小さくも大きくもできるが
問題は強度

これを考えたのは
18年ぐらいまえで
車に付けたかったが
車に付けたらUFOになってしまう

気球は空気の有る場所しか利用できないが
その上にも行ける
ゆっくり下りるから燃えない
宇宙エレベータ

イオンエンジンと違い
推進剤は電気
永遠に加速
永遠に加速すれば
これも別の機械名
無いのは開発費
パートナー欲しい

衛星回収衛星
運用終了した衛星を回収して地球に持って帰ってこれれば経年劣化など調べられるし、
とくに故障した衛星は原因究明ができる!
衛星からのデータだけでは想像できなかった原因があるかも…
そして調査結果を次の衛星開発に生かす!
回収衛星をバージョンアップして、
故障部分を修理したり、燃料を追加したり、新しい機能やパーツをつけたり…
そうしてひとつの衛星を長持ちさせられれば開発費用もお得に!…ならないかな…?
大きな使命と夢を背負って宇宙に飛び立った衛星が、道半ばで諦めなくてはならないことのないように。
愛着のある衛星は少しでも長く運用していてほしいですしね。

やはり自家用衛星は夢ですね
「富士山に初冠雪だって!」「今、北極でオーロラ見えるみたいよ」「○○彗星がそろそろやってくるよ」
そんな時にさくっと観測出来る衛星があるといいですね

宇宙留学!!今はグローバル化が進んで世界のあらゆるところに留学ができるんだから、宇宙留学だって夢じゃない!数年後の就活では、宇宙で活躍出来る人材が求められてるんじゃ!?

市販の衛星組み立てキット! プラモデルみたいに、店で買えるもの。
10cm角のキューブサットみたいなので十分です。
個人で買って作るのは無理かもしれませんが
高校の文化祭のイベントなどで使えれば、宇宙の裾野がグッと広がりますよ。
地上を撮影するタイプや、宇宙空間の観測、星を撮影するタイプ、
作りやすい規格を何種類か絞って、関連施設の認可をとって「きぼう」から放出。
みんなの手が届くところに宇宙がある。あー、夢みたいなこと、出来たらいいです。

イプシロン打ち上げの時に思いました!
保安上の問題もあると思いますが、打ち上げ前に大人も子供も、ロケットに自分の手で触れられる機会があったらいいなと思いました。
そうしたら、打ち上がった時にもっと感動して、もっとみんなの夢が広がると思います‼
イプシロンの機体にメッセージを載せられるプロジェクトも、とても良かったです!

この記事のタグに関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。