6月13日は「はやぶさの日」

2016年6月13日(月)

  • プロジェクト
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

あれから、もう6年たちました。

あの日、「はやぶさ」の約7年におよぶ波瀾万丈の旅が終わりの時を迎えた…

2010年6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」は7年あまりの旅を終えて地球へ帰還を果たしました。 落下地点となったオーストラリア・ウーメラ砂漠の満天の星々に埋め尽くされた夜空の中、夜11時21分(現地時間)に、「はやぶさ」は北西から小さな光る点となって現れました。 「はやぶさ」本体はまだ残っていたキセノンガスと化学エンジンの酸化剤によって満月の倍くらいのまばゆい光を放ちながら2度大きく爆発して、45秒ほどで南十字星の方角に消えていきました。

ヘリコプターから撮影した再突入カプセル

燃え尽きようとする「はやぶさ」の脇にはスーッと一筋の光が伸びていました。「はやぶさ」本体から切り離されて地球に降りてきたカプセルでした。カプセルは予想された落下地点にほぼぴったりに落下しました。すぐにヘリコプターが上空から砂漠に落下したカプセルの姿が確認されました。
2592日間かけて地球と小惑星の間をおよそ60億kmを飛行した「はやぶさ」の旅はここに終わりを迎えました。この帰還に日本中の人々が拍手し、大喜びしました。

「はやぶさ」は社会現象として注目を集めた

「はやぶさ」の帰還をきっかけに、私たちの身の回りには関連イベントや映画、書籍、グッズなどがあふれました。
「はやぶさ」への応援と感謝がさまざまな形となって表現されたのでした。

帰還した本物の再突入カプセルは日本全国計69カ所を巡回し、
約89万人もの来場者を集めました。

全国各地で実物大や1/2スケールなど大きな模型がたくさん
作られました。


「はやぶさ」をテーマにした映画が一年たらずの間に4作品も制作されて、全国のプラネタリウムや映画館などで公開されました。

HAYABUSA
おかえり、はやぶさ
はやぶさ
はやぶさ 遥かなる帰還

ファン!ファン!JAXA!では6月30日まで「あなたのイチオシ宇宙・航空の映画を教えて!」と題して宇宙・航空にまつわるあなたのイチオシ映画を募集しています。
やっぱり「はやぶさ」でしょ!という方も、いやいや他の…という方も、ぜひぜひ投稿してくださいね。

回収されたサンプルは、世界中の研究者がその分析結果に注目した

回収されたサンプルは各地の研究機関により初期分析が行われて、イトカワの素顔を明らかにしました。 その結果の一部は、2011年8月発行のアメリカの科学誌「サイエンス」で特集として紹介されました。

「はやぶさ」から「はやぶさ2」へ


「はやぶさ2」の旅

2014年12月、有機物や水が含まれていると考えられているC型の小惑星リュウグウに向けて「はやぶさ2」が旅立ちました。

現在「はやぶさ2」は地球スイングバイを終え、リュウグウに向かって順調な航行を続けています。
イオンエンジンも稼働中!

フロンティアを目指す、サイエンスとアート

あの日をふりかえり、フロンティアとは? への想いをあらためて感じられたた方も多かったと思います。
JAXA twitter へもかなりの数のつぶやきが寄せられました。
そのフロンティアへの取り組み方をあらためて見つめるシンポジウムが、6月27日、28日に予定されています。
川口淳一郎「はやぶさ」プロジェクトマネージャはじめ宇宙界隈をリードするメンバーとともにフロンティアを見つめてみませんか?

参加申し込みをウェブサイトで受付中です!〆切は6月17日。



本トピックスは2014年6月13日に掲載した「今日は「はやぶさ、おかえりー!」の日」を改稿してお届けしています。
コメントする
コメント
お名前

私、6月13日誕生日なんです。空からの贈り物嬉しかったです。はやぶさ2にも頑張ってもらいたいです!

はやぶさ微粒子の記者発表の動画を拝見しました。
難しいお話ですが、面白かったです。
中でも「スカスカ」という言葉が印象に残りました。
イトカワってどのくらいの重さがあるんですか?

今でも毎日のように、はやぶさの話で周りと盛り上がります。もう7年たったのですね。6月13日から一週間は、はやぶさウィークとして関連本や記事、映像を見ていました。
はやぶさ2の成功もお祈りしています。

6年ですよね。間違えました(>_<)

あの日からもう6年経つんですね・・・早いですね。
あの帰還シーンは何度見ても、感動しますね!
私は、あの日はまだ小学生であんまり覚えてないですが、映画や動画などで「はやぶさ」のことを知りましたね。
あの時は、「はやぶさ」に勇気と希望をもらいましたね。
そして、今年の夏休みは、宇宙科学研究所に行く予定です!
これからも「はやぶさ2」を見守ってくださいね~。
応援してます!٩(`・ω・´)و

『はやぶさ』の地球帰還6周年、おめでとうございます。
まさに、このプロジェクトは山あり、谷ありでした。このWebページに掲げられている、『はやぶさ』の地球帰還を目の当たりにして、運用室で涙を拭っている科学衛星メーカの方にはもらい泣きさせられました。
川口淳一郎先生の「神頼み」エピソードも実に楽しかった!
中和神社の宮司さんが、天体望遠鏡を所有する天文ファンで、ここを訪れた川口先生に「是非『はやぶさ』を地球に帰還させて下さい」と言ったことや、その後の『はやぶさ』の世界的快挙に関われたことは大変光栄だとコメントされたことには本当に感心させられました。
岡山県真庭市蒜山(ひるぜん)は日本国内でも有数の豪雪地帯で、借りたレンタカーのナビの、冬期閉鎖になる道路が赤で表示されることを身をもって知ったことや、1m以上も雪が積もる中和神社の境内を見届けられたのも良い経験となりました(中和神社へは「お礼参り」として訪問)。
『はやぶさ2』でも、優れた成果が得られることを期待します。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。