TOPICS

~宇宙から応燕宣言~人工衛星「つばめ」に写ろう!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、ヤクルト球団設立50周年を記念して、コラボ企画「~宇宙から応燕宣言~ 人工衛星「つばめ」に写ろう!」を実現することにいたしました。
球団名「スワローズ(燕)」と同名である、JAXAの人工衛星“超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)”が宇宙(高度約270km)から神宮球場スタンドを撮影します。

■超低高度衛星技術試験機「つばめ」

超低高度衛星技術試験機「つばめ(SLATS)」は、JAXAが2017年12月23日に種子島宇宙センターから打ち上げた質量約400kgの人工衛星です。
多くの人工衛星は高度600~800kmを飛行していますが、「つばめ」は、これまで未開拓だった高度300㎞以下の「超低高度軌道」を飛行します。
この高度では大気の抵抗が大きいため、人工衛星は、飛行を続けるのが困難でした。
「つばめ」は、高効率のイオンエンジンを使って、超低高度にて飛行を続けて地球観測を行う、世界初の人工衛星です。

「つばめ」は、4月2日から5月上旬にかけて、東京都心部を毎日16時半ごろに撮像する実験を実施中です。

関連リンク

コメントする

「つばめ」よりも、スタッフに拍手。この際だから、全球団。お願いします。

質問です。つばめは高度300km以下の低高度を回る時に、オーロラの中も突っ切って飛ぶのだと思いますがオーロラの中を飛ぶ時にオーロラの中の状態がどうなっているかも直接わかるのでしょうか?
これまでにそんな観測がされて無かったのなら凄い事がわかるとか?
国際宇宙ステーションも高度400kmならオーロラの中に入ったことあるのでしょうか?

ご質問、ありがとうございます。
つばめの軌道としてはオーロラの中も通ることはありますが、つばめはオーロラを調べるための観測機器を積んでいないため、オーロラ発生のもととなるのプラズマの状態は分かりません。
オーロラの状態を調べる衛星としては、2015年に運用を終了した「あけぼの」などがありました。
磁気圏観測衛星「あけぼの」(EXOS-D)
http://www.jaxa.jp/projects/sas/akebono/index_j.html

また、オーロラの高さは国際宇宙ステーション(ISS)の高さと同じくらいなので、宇宙飛行士たちはオーロラの中を突っ切ることもあるそうです。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
宇宙ステーション キッズ「宇宙ってどんなとこ 03 オーロラギャラリー」
http://iss.jaxa.jp/kids/space/503.html

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

個人的な関心で言うと、はやぶさ2クラスの関心事。この高度での衛星の挙動が分かると日本だけの宇宙開発が出来るはず。
HTV-Rをこの高度で連結してステーション化すれば色々な開発計画が考えられると思います。是非とも未来へつなげていただけると幸いです。

試合開始時刻に撮影していただけないでしょうか?

イオンスラスターを使って低軌道を飛ぶつばめは新しい試みだと思います。
これは将来の有人宇宙船にも応用出来る可能性はないでしょうか?
イオンスラスター着きの低軌道用宇宙船なんかが出来たら世界初の試みで、日本独自のものではないでしょうか?
他の可能性も色々あるでしょう。
これからも新しいアイデアで注目させてください。