TOPICS

「はやぶさ2」が着地に挑戦!! 【その4】~「はやぶさ2」搭載小型モニタカメラ撮影映像を公開~

2月22日7時29分「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の着地予定地点、半径3mに精度1mで着地しました。
国民の皆様からご寄付で「はやぶさ2」に搭載したカメラにて撮影された、人類の手が新しい星に届いた瞬間をご紹介いたします!

前回までのトピックス

目次

ここから着地の初公開映像をご覧下さい!(SNS等で共有いただいて構いません)

  • 国民の皆様からのご寄付を使わせていただき、小惑星探査機「はやぶさ2」に追加でカメラを搭載しています。
  • 2月22日7:29に「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に着地し、サンプルを採取した、「人類の手が新たな星に届いた」瞬間の連続画像が見られます。

「はやぶさ2」搭載小型モニタカメラ撮影映像

野球場に行くだけのつもりが、ストライクまで!

  • 3億km以上遠方の「リュウグウ」の着地予定地の半径はたった3m程しかありませんでした。
  • 様々な工夫を尽くして挑戦した結果、実際には、中心点から誤差約1mで着地できました。
  • 当初の設計は、半径50m以内の着地でしたので、野球場に行くだけのつもりが、ピッチャーマウンドに降りろと言われ、最後はストライクまで決めてしまった、という感じでしょうか。

安全に着地して上昇。リュウグウ表面から多数の破片・粒子が飛散。

(是非、冒頭で紹介している映像をご覧ください。)

  • 大きな岩にぶつかることなく、安全に着地、上昇できました。
  • 試料採取用に表面に撃った弾丸などによって、白や黒に見える多数の破片・粒子(数十cmの岩も)が飛散する様子が見えます。
    (ほぼ同じ高度での降下中(画像①)・上昇中(画像③)の画像を比べると、飛散の様子が分かります。)

「たまてばこ」からお宝をゲット?!

  • はやぶさ2が着地した地点に「たまてばこ」という愛称を付けました。
  • はやぶさ2の下面にあるサンプラホーンという1m程の筒の先端が着地する際に、金属製の弾丸を地面に撃ち、表面から出た物質を採取する仕組みになっています。
  • 前述のとおり、表面から多数の破片・粒子が飛散していることから、試料(お宝)を採取できていることが期待されます。

ただし、お宝は地球帰還後のお楽しみ

  • 残念ながら、リュウグウの試料を採取できたことを直接確認する方法はありません。
  • 従って、2020年末の地球帰還を楽しみに待つことにします。
PAGE TOP

関連リンク

コメントする

遅くなってごめんなさい(泣
ホントに映像見てワクワクしました!次は小惑星にクレーターあけてからの着陸ですね。
頑張ってください!楽しみにしていますよ!

3億km以上遠方で起こった出来事が映像で見られるなんて感無量です(つд;*)✨✨
みなさんの努力とはやぶさ2くんの努力のおかげですね。玉手箱の中身が楽しみです。任務を完了すべく、無事に地球に戻ってくるよう祈っています

素晴らしいです。今まで見たどんな宇宙の映像よりドキドキわくわくします。
まだ色々あるだろうけど最後は気をつけて帰っておいでね。

すごいですね。
比重が岩としては小さいので、重力が小さいこともあってこんなに飛び散っているのですね。
見事なタッチダウン、素晴らしいです。

この画像も、今回の大きなお宝ですね。
玉手箱からお宝を取り出したとかいう発想も、ユーモアがあっていいですね。体力と神経を使うお仕事ですから、なおさらこういうユーモアは必要でしょう。

次のドラマにも多くの人々が、期待を寄せています。お体を十分に休めたら、またシツコイ準備をして、続きを見せて下さい。応援しています。

次なるミッションは、爆撃と試料採取。
 ドンドン難しくなるスケジュールですが、無事に完結して帰ってきてください。

頑張れ!

凄いなー
全ての予定がうまく行くことを祈っています!!

これは素晴らしい。微小重力環境だから、破片の舞い上がり方も派手に見えるのでしょうね。

ミネルバの時もそうでしたが、やはり動画は視覚的にインパクトありますね
ところで舞い上がる砂利って探査機の脅威にはならないのかな
素人目にはちょっと怖く見えたですw

>無事な帰還祈ってます さん

 私はプロジェクト関係者ではないので(そうでなくとも)、断言はできませんが、ご指摘の通りこうして舞い上がる岩石は探査機の脅威になりうると思いますよ。潜在的な脅威となる可能性は否定できないと思います。

 2013年9月14日のイプシロン試験機1号打上げで再度の内之浦入りをする際、鹿児島市内では桜島が小規模ながら噴火して、噴煙が市内にも流れ込んできていました。無事、イプシロン打上げを見届けて鹿児島市内に戻ってくると携帯電話の調子が悪く、中のごみなどをふき取るなどしていました。私の携帯は古い3G型で、それでなくてもほこりなどが入りやすい機種なのです。後日聞いたところ、学会などで鹿児島に出向いた方はパソコンが桜島の噴火で漂ってきた火山性の噴煙粒子で不調になることがあり、中にはパソコンが壊れてしまうケースもあったとのこと。
 微粉粒子だと、なかなか落ちないだけでなく、わずかな風などで舞い上がることもあるので厄介です。

 地球上でもそういうことが起こりうるのですから、宇宙空間でそうなることは充分あり得ますね。もしも、宇宙機の電子回路がしっかりとシール(密封処理)されていない場合、導電性の小惑星由来の微粒子が入り込んだりすれば、探査機の運用に支障が生ずる可能性もあると思います。
 『はやぶさ』のトラブルも、小惑星物質の内部混入による電気的ショートによるという推測もありますので。
 『はやぶさ2』では、しっかりとその対策もされていると思いますが…。「我々の技術を信じよう!」と思います。

ブラボ~!!、地味な技術蓄積の成果ですね。
「お宝が待ちどおしい」ですが、「はや2」とのお別れも辛いですよね。
前回の流れ星を思い出します。
今後も、頑張ってください。