基幹ロケット高度化プロジェクト メンバーコラム #1 川上 道生

2015年11月10日(火)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

H-IIAロケット29号機の打ち上げまで、あと2週間に迫ってきました。そこで「基幹ロケット高度化プロジェクト」に携わるメンバーをご紹介します。

川上 道生(かわかみ・みちお)
基幹ロケット高度化プロジェクト プロジェクトマネージャ

これまでのほとんどの打ち上げでは、打ち上げ後数十分で衛星を軌道に投入したところでロケットはその役割を終えていました。そのため“ロケットは30分一本勝負”“搭載された機器を30分間完璧に機能させることがロケット開発だ”と先輩から教わってきました。
それが、次の打ち上げでは、緊張感は変わらないか、むしろ高まったまま打ち上げ後4時間以上もロケットの仕事が続くことになります。
日本のロケットが新しい領域に踏み出す瞬間です。平常心で打ち上げの時を迎えられるよう最後まで細心の注意を払って参ります。

プロフィール
1989年に旧宇宙開発事業団(NASDA)に入り、H-I、H-II、H-IIA、H-IIBロケットの開発、打ち上げに携わる。2度の種子島宇宙センター勤務等を経て、2015年6月から現職。

(2015年11月10日更新)



こちらのメンバーコラムは随時更新しますので、お楽しみに!
また、プロジェクト関係者、打ち上げへの応援メッセージを募集しています。皆様のご声援お待ちしています。

コメントする
コメント
お名前

いよいよ明日打ち上げですね。 2段エンジンがしっかり機能を果たしてくれる事を祈ります。  ところで質問ですが、GTOで3回目の再起動で軌道傾斜角を28.5°から20.0°に変更して衛星を分離しますが、この後2段エンジンは、スペースデブリになるのでしょうか? それとも4回目の再起動で成層圏焼却の軌道変更をするのでしょうか? 教えて下さい。

コメントありがとうございます。
衛星分離後の2段機体は残りの燃料を利用して回避マヌーバと呼ばれる軌道変更を行います。これは、分離した衛星との接触を避け、邪魔にならない軌道に遷移するものです。
その際に、他の衛星等に対しても接触の可能性のない軌道に移るため、デブリ(宇宙空間に残る物体)にはなるものの影響が少ない場所にあるとご理解いただければと思います。

高度化ずっと応援していました!打ち上げ楽しみです!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。