“L+268” 小惑星1999 JU3の名づけ親になろう!

2015年8月28日(金)

  • プロジェクト
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

「はやぶさ2」は安定した宇宙航行を続けています。
L+268となりました。2015年の夏もそろそろ終わりに近づいていますね。

昨年の今頃、「はやぶさ2」は、打ち上げ射場の種子島への輸送を目前に控え、相模原キャンパスで組み立て最終段階の作業を行っていました。プロジェクト関係者はそれぞれ、与えられた役割をきっちりこなすことに全身全霊を注ぎ、まさに"一丸となって"という言葉がぴったりの状況でした。
この入念な準備を一丸となって進める意識は、現在の運用の現場でも、小惑星到着後のミッション実施に向けた計画検討の場でも、引き継がれています。

さて、皆さん、この「はやぶさ2」が目指す小惑星1999 JU3の名前募集の締め切りが、8月31日までなのを忘れていませんか?

小惑星の名前の付け方は、国際天文学連合(IAU)がルールを決めています。
1999 JU3のような地球軌道に接近するタイプの小惑星には、「世界の神話」から名前をとるのが慣習となっていますが、それ以外の名前でも、しっかりした名づけの理由があれば、認められる可能性もあります。
「はやぶさ」初号機が目指した「イトカワ」もその一例です。日本のロケットの父と呼ばれる糸川英夫博士にちなんだ名前として認められました。

「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ津田雄一からのメッセージ(一部引用)

ひとたび名称が決まりましたら、運用チームや科学者はもちろんのこと、世界中の人々がその名称で1999 JU3を呼ぶことになります。「はやぶさ2」が訪れるこの前人未到の小惑星の名前としてふさわしい素敵な名前を、奮って応募いただければと思います。

8月最後の週末、小惑星1999 JU3 にぴったりの名前を考えてみてくださいね!
もちろん考えるだけでなく、応募しないと名づけ親にはなれませんよ!


<「はやぶさ2」航行ステータス>
2015年8月28日14時0分(日本時間) 現在

太陽からの距離 1億3,729万km
地球からの距離 4,027万km
赤経 -140.37度
赤緯 7.97度
航行速度(対太陽) 32.35km/s

地球から見た「はやぶさ2」の方向

はやぶさ2と地球、太陽、小惑星1999 JU3 の位置関係(概略図)

はやぶさ2カウントアップレポート“L+(エルプラス)”とは―

打ち上げ後の経過時間を示す際、運用現場では「Launch(打ち上げ)」と「プラス○日」を組み合わせて「L+1(=エルプラスイチ)」と表現します(あくまでも一例ですが…)。
今後、「はやぶさ2」の航行ステータスなどをお伝えするにあたり、6年間という長いミッション期間での“時間経過”を皆さんと一緒に感じていきたいとの想いから、レポートタイトル名といたしました。
“L+”では、はやぶさ2広報担当者がミッション内容や運用状況にまつわるトピックスをお伝えしてまいります。

コメントする
コメント
お名前

はやぶさの本を読み、映画をみて、宇宙に興味が湧いた中学生です。
小惑星に名前をつけられると聞いて、わくわくしているので、応募します。
地球と、私たちの未来が明るいものになるのを祈って「未来(みらい)」という名前になるといいな、と思います。

『はやぶさ2』に自分が考案した名称を付けられるかもしれない…!
千載一遇ともいうべき機会ですが、衛星の愛称も良いものは先に使われてしまい、小惑星の名前も現実的に枯渇しつつある現状、これほど難しい課題もなかなかないですね。
私自身は、いちおうダメ元を前提としての応募です。募集要項に「名前はまだない」と書かれているのを見て、夏目漱石を連想してしまいました(漱石のもとに迷い込んだクロネコが爪の先まで黒く、これは福猫だ、と飼い始めた頃に書かれたのが有名な『吾輩は猫である』です。大変ヒットしてパロディ本もたくさん出たので、確かにそのネコは漱石に福をもたらしましたね)。
ただ、私は漱石とは関係のない名前で応募いたしました…。

待ちに待ったL+268!今日はL+230ですが、久しぶりに見れて嬉しいです。
夏休みにこうのとりも無事にドッキングされたISSを見て以来、こんな疑問が。
「スイングバイ時に地球に再接近するときにISSみたいに地上から肉眼で見れないかな」
実際に見れたらいいなと思いましたが、太陽電池パドルが小さいですし、地球へ向かって反射しないかもしれません。それだけのために角度修正するのは無理ですから参考にする程度でいいです。可能ならば世界中の人達に報道するべきですね。絶対に見ます。
さて、本題と外れてしまいましたが1999JU3の名前、「夜鷹 yotaka」にしました。去年の夏休みに宮沢賢治の「よだかの星」を読書感想文にした時、「もし自分が主人公のよだかだったら」という題名で発表。町で金賞をとりました。その時を思い出すと、なんだか初代はやぶさの頑張る姿がよだかと同じ感じだったので、はやぶさ2が後継機となってミッションを成功させる、いわば「助ける」という存在になるべきだと思って候補に上げましたが、調べたところ残念ながらよだかの星の作者が死去したのが1933年9月21日。それでも名前にしたかったので、実際の鳥の「ヨタカ」に改名しました。命名者になれたら学校でその証明書を持って自慢しようかなと思っています。どうか友達もはやぶさ2に興味を持ってほしいなと思っています。
長文失礼しました。以上です。今後もはやぶさ2のことをよろしくお願いします。

私も応募させていただきました。 日本の探査機が目指す小惑星なので、大和神話の神々から名前を拝借しました。 もし自分の応募した名前が採用されたら…と思うと、ワクワクしますが、はやぶさ2が目指すに相応しいモノであれば、何でもいいとも思っています。 日々、はやぶさ2の飛行を、H2Trackで見守りつつ、名前の発表を楽しみにしています。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。