“L+148” 地球スイングバイに向けて

2015年4月30日(木)

  • プロジェクト
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月30日(木)はL+148、「はやぶさ2」の宇宙航行、地上での運用もともに順調です。

地球スイングバイに向けた軌道制御運転(第1回イオンエンジン連続運転、3月3日~21日実施)による軌道計算・軌道決定の詳細な評価を行った結果、計画どおりの軌道であることが確認できました。
この評価により、地球スイングバイ実施予定日を12月3日に計画することとなりました。 スイングバイ実施には、6月上旬に予定する第2回軌道制御運転(イオンエンジン連続運転)が必要ですので、引き続き準備を整えて臨みたいと思います。
詳細につきましては、4月27日に行った報道関係者の皆さま向け説明会でも報告しています。説明会ライブ配信をご覧になられていない方は、録画配信中ですのでぜひご覧ください。

※ 配信ページのコメント欄に、感想やメッセージなどお寄せください。個別のご返信はできませんが、今後の活動などの参考とさせていただきます。


カウントアップレポートでは、各回ごとに地球から見た「はやぶさ2」位置をお伝えしています。軌道計算結果を参考に、今回は5月~11月までの見える予定位置を星図に落とし込んでみました。

また合わせて、多くの皆さまより頂戴していましたご要望を踏まえ、『打ち上げ~小惑星近傍(小惑星と探査機の距離約6,000km)まで』の軌道計画情報を、はやぶさ2特設サイトよりダウンロードできるようにいたしました。アプリ・映像・Webコンテンツ・教材の制作、科学館・博物館の説明など、さまざまな場面でご利用いただき、さらに宇宙科学・宇宙開発を身近に感じていただけるコンテンツが生まれればと思います。


<「はやぶさ2」航行ステータス>
2015年4月30日14時0分(日本時間) 現在

太陽からの距離 1億6,013万km
地球からの距離 5,337万km
赤経 127.92度
赤緯 2.43度
航行速度(対太陽) 27.75km/s

地球から見た「はやぶさ2」の方向

はやぶさ2と地球、太陽、小惑星1999 JU3 の位置関係(概略図)

はやぶさ2カウントアップレポート“L+(エルプラス)”とは―

打ち上げ後の経過時間を示す際、運用現場では「Launch(打ち上げ)」と「プラス○日」を組み合わせて「L+1(=エルプラスイチ)」と表現します(あくまでも一例ですが…)。
今後、「はやぶさ2」の航行ステータスなどをお伝えするにあたり、6年間という長いミッション期間での“時間経過”を皆さんと一緒に感じていきたいとの想いから、レポートタイトル名といたしました。
“L+”では、はやぶさ2広報担当者がミッション内容や運用状況にまつわるトピックスをお伝えしてまいります。

コメントする
コメント
お名前

はやぶさ2の軌道のデータ、ありがとうございます。
これをもとに軌道を表示するアプリを作ってみようと思います。

はやぶさ2小惑星遷移軌道計画情報にふれて、胸躍る感激でした。早速Excelにとりこみましたので、これからはやぶさ2、地球、1999JU3グラフを作成してみます。
イオンエンジンの影響とか、スイングバイの効果とかなどなどいろいろと活用したいと張り切っています。けんたごんさんのアプリ楽しみです。

打ち上げから随分とたちましたね! はやぶさ2が計画通りに進んでいて私もとっても嬉しいです! 地球スイングバイ今からとても楽しみにしています。私は日常生活で悩み事がたくさんありますが、はやぶさ2の情報を聞くたびに自分にはまだまだ知らない事がたくさんあって宇宙って広いなと思うと、自然に悩みもなくなるんですよね!はやぶさ2が地球に戻ってくるとき、私は社会人一年目となるので、これからもはやぶさ2とともに色々なことを経験していきたいと思っています!ずっとずっと応援しています(*^-^*)

 はやぶさが帰還したときにあった科学館・博物館であった博覧会みたいなものがありましたが今回もやるのでしょうか?
 今からでも撮った写真を公開してほしいのですが。(ぜひ見てみたいものですが)

スマートフォンのアプリでsatellite u という、はやぶさ2とだいち2号の位置などを表示出来るアプリがあり、使ってます!(今はだいち2号をメインに)はやぶさ2のmap機能 ar機能は、Jaxaからの軌道情報提供開始後にリリースされるとのことで、3~4月開始予定でしたが、まだ提供開始されないので、楽しみに首を長くして待ってます!はやぶさ2の現在位置が自分のスマホで確認出来れば、面白いですね。

計画通りに進んでいて何よりです。
はやぶさでは最初からイオンエンジンAが不調だったりしていましたが、順調に進んでいるので、プロジェクトチームの皆さんがはやぶさの教訓を生かして、さらに工夫を凝らしてはやぶさ2を作られたということがよくわかります。
地球スイングバイも成功させて、サンプルを持ち帰ってくる日を楽しみに待ってます。これからも頑張ってください!

このコメントの場を通して、互いに知らないいろんな人達が、宇宙開発や生命の起源に関する想いや考えを話し合っていることが、素敵なことだな…と思います(*´ω`)
私は子供の頃からただ空を観るのが好きで、特別勉強をしてきたわけではないので、今身近に宇宙のことを教えてくれる人の存在が嬉しいし、このようなコメントの場もありがたいと感じてます。
わずかなアミノ酸からいつしか生命体が生まれ、宇宙からすれば小さな青い惑星にこんなに様々な生物がいて文明が進んでいることを、宇宙が一番びっくりしているのでは…( ゚Д゚)と、思います( *´艸`)

私が子供の頃は首都圏でも天の川が見えました(歳がバレますねぇ~)。
でも星の名前や星座までは教わる機会がありませんでした。
でも、JAXA さんの活動や、このような場で星の名前にとどまらず、宇宙の深遠さを知る機会を得てうれしく思っています。

羨ましすぎます…
自分は惑星や宇宙が大好きなのでよく望遠鏡を出して星を見ています
一昨年胎内星まつりで見た天の川は忘れられないです!

首都圏でも天の川?!( ゚Д゚)天の川観たいなぁ…。
私にとっては、宇宙がすっかり癒しアイテムです☆
(若干、現実逃避でもあるけど(ノД`)・゜・。)JAXAさんの活動、皆さんのお話、これからも楽しみにしてま―す☆
ごろまこさん、いつもありがとう(*´▽`*)

概略位置、難しいというか分かりにくい。
動画にして欲しいなぁ・・・。今までと今後の予定と。

そういうの作りたい人使ってねというのが今回データ公開した意図じゃない?
なんでもかんでもJAXAで作れる余裕あるわけじゃなさそうだし。
面白いコンテンツ出てくるといいですね。

はやぶさ2小惑星遷移軌道計画情報は、彗星の軌道情報によく似ていますね。キセノンガスが、彗星の尾くらい多く出せて、イオンエンジンの出力が彗星の核の光ほど大きくなれば、相当の加速が得られそうだなと思い描いてみました。

スイングバイ、今からとても楽しみです
6月の軌道変更がうまくいくことを祈ります。
運用がんばってください。

いつも「地球から見たはやぶさ2の位置」を楽しみにしています!夜空を見上げるたびに、今あのあたりにいるんだなと身近に感じ、はやぶさ2ガンバレ!と心の中で応援してます。

はやぶさの成果は様々な困難を乗り越えて地球に帰還したこと、それしか知らないけど、はやぶさには感動した。
はやぶさ2はどんな成果があるの?
スイングバイ…だから何???はやぶさで成功してるよね、まさか同じことをするために金をs使ってるわけないよね?
現在地とかスイングバイより、国民にどのような利益をもたらすのかを分かりやすく教えていただきたい。
はやぶさが大成功して、ただ単にJAXAの人気集めのためのはやぶさ2。
違うのであれば、はやぶさと同じことをして得意げに発信するのではなく画期的な報告をしていただきたい。はやぶさと同じことするために金使うのは納得いかない。

簡単に言えば、はやぶさは、本当に小惑星に行って帰ってこれるかの実験です。
本当にイオンエンジンが動くのか? 本当にスイングバイ出来るのか? 本当にイトカワに離着陸出来るのか? 本当に帰って来れるのか?
それに対して、はやぶさ2こそ試料研究の本番です。

例えるなら、国鉄の関係者だけを乗せた新幹線の試作車両が東京から大阪に行って帰ってくるのがはやぶさなら、ちゃんとお客さんを乗せて行って帰ってくるのがはやぶさ2みたいなものです。

そこで何を研究するのか?ですが、それは太陽系の歴史です。すなわち地球の歴史・地球誕生の謎の解明ともいえます。それは私たち人類・それだけでなく地球生命全体の謎の解明につながります。

つい最近まで、DNAすら知らない人類が、ダーウィン先生の画期的な発言を耳にして、「人間が猿の親戚(先祖)の訳ないだろ!」と怒っていたのだから。大きな進歩ですね。

税金を投入する大型プロジェクトに対しての批判は、正しい国民感情と存じます。
さて、「はやぶさ」と「はやぶさ2」の違いですが、前者が「試験機」なら後者は「実用機」という側面があります。
「はやぶさ」は新技術を投入して実地検証を行うという目的がありました。大出力イオンエンジンの長時間運転・小惑星にタッチダウンする為の自動制御技術・小惑星の試料を回収する為の採取技術・小惑星の試料を大気圏に突入させて地表まで無事届ける為の回収カプセルの性能試験等々。沢山の純国産技術が確立されました。
「はやぶさ2」はこれらの技術を用いて、「行ける」小惑星ではなく「狙った」小惑星に向けて航海を続けています。
また「はやぶさ2」は、「はやぶさ」では失敗した小型探査機による小惑星探査の成功を狙っていますし、新機軸の技術として小惑星に人工クレーターを作って地中の試料を回収するという任務を帯びています。
「はやぶさ」の際は強力な固体ロケットモーターを搭載した「M-V」ロケットで直接小惑星への軌道に投入することが出来ました。
対して「はやぶさ2」は「H-IIA」ロケットで狙いすまして小惑星に投入する為、既存の軌道変更技術「スイングバイ」を併用して軌道設計が行われております。
「はやぶさ2」は太陽系の成り立ちに対する新たな知見を得る為に計画されたものです。どうか広い心で今回のミッションを応援下さい。

返信ありがとうございます。
はやぶさ2は実用機で、狙った小惑星に行き、人工クレーターを作って地中の試料を回収して、太陽系の成り立ちに対する新たな知見を得るんですね、分かりました。
太陽系の成り立ちに対する新たな知見を得るということがわかりにくいということが。はやぶさが試料を回収しているのに、それではいけないのか。くまなく調べれば、載っているのだろうが、ぱっと見はやぶさと同じことをしているように思えてしまう。初心者向きでないのかもしれないが。これから調べてみるけど。
ちなみに税金を投入する大型プロジェクトに対しての批判は、正しい国民感情ではないと思う。

前回の「はやぶさ」が持ち帰った小惑星の試料を分析した結果、小惑星の表面はかなり過酷な環境であることがわかりました。
どう過酷なのかというと、太陽から吹き付けるプラズマ「太陽風」によって表面がこんがりと焼かれて、組成が変質してしまっているということなのです。
そこで「はやぶさ2」は人工クレーターを作って小惑星の地中の試料を回収する計画をたてました。太陽風の影響を受けていない地中の試料が分析できれば、太陽系誕生当時の「生」の情報が手に入るハズなのです。
つまり「太陽系の成り立ちに関する新しい知見を得る」とはそういうことなのです。

『軌道計算』の言葉で、ほほーぅ!( ゚Д゚)と感心するばかりですが、星図で今後の動きを観ていくことは、楽しみのひとつになります☆
冬ほど澄んでは観えないですが、星空と子供の図鑑を照らし合わせて、はやぶさ2の居る辺りに微笑んでしまいます( *´艸`)とても個人的なことですが、最近体調を崩してなかなか復活できずにゲンナリしていたので、夜空に励まされています。はやぶさ2が元気に無事に航行している報告が、私に元気をくれます(*´ω`*)
スイングバイを控え、6月に予定しているイオンエンジン連続運転に向けても、はやぶさ2、そして運用スタッフの皆様が共に元気でありますように…応援してます!

お母ちゃんさん、どうぞお大事に☆
私も星図のスマホアプリをゲットしたので、もっとしっかり夜空をチェックせねば f^_^;
先日は満月が綺麗でしたよ!

満月、綺麗でしたよね!(*´▽`*)
空は本当に癒やされます。星図アプリ、いいですね☆彡魅力的!
ごろまこさんも、星空に癒やされてくださいね(*´∀`*)ノ

あの打ち上げから148日も経ったのですね 
ロケットが飛び立つ瞬間が昨日のことのように思い出します
まだ始まったばかりですがスタッフさん及びはやぶさ2がんばって下さい

天の赤道越え、おめでとうございます。(パチパチパチパチ)
H-ⅡAロケットの軌道投入精度の高さ及び軌道制御の正確さにより、「はやぶさ2」が正確な軌道に乗っていることは大変喜ばしい限りです。
地球スイングバイに向けたイオンエンジン噴射実施に向けて、「はやぶさ2」の運用をがんばって下さい。

おお、4月30日の『はやぶさ2』の現在地、出ましたね。現在はかに座にいるのですか。見かけ上では、木星に近付いている(実際の距離はともかくとして)訳ですね。
背景の星に対する『はやぶさ2』の動きのダイアグラムがあるのもありがたいですね。
一方で、NASAのMESSENGERは、日本時間で5月1日の午前4時半くらいに水星に衝突して運用が終了となります。こちらも長かった。始まって間もないミッションもあれば、終わるミッションもある…。複数の、いろいろな国のミッションが動いていることを考えると感慨深いものがあります。
『はやぶさ2』に、良い航海を!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。