“L+23” 初期機能確認は順調

2014年12月26日(金)

  • プロジェクト
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月26日、L+(エルプラス)のカウントは23日となりました。
「はやぶさ2」の運用は順調で、探査機の搭載機器の初期機能確認を続けています。この初期機能確認は約3ヶ月間かけて実施する予定です。(12月5日付プレスリリースをご参照ください)。

初期機能確認の間、機器を順次チェックしていくのですが、各機器担当者は自身が担当する機器の順番に備え、確認手順、項目などを改めて見返し、準備を万全に整えて臨みます。運用の現場では、(良い意味での)緊張感と真剣な表情が続いています。

画像をクリックすると拡大します

「はやぶさ2」の主な搭載機器については、「はやぶさ2特設サイト『はやぶさ2機器』」ページで紹介しています。ここでは、合わせて各機器担当者によるビデオメッセージも掲載しています。担当者それぞれの想いを自身の言葉で語っていますので、ぜひご視聴ください。

「主な」と書いてありますとおり、まだまだ紹介できていない機器、担当者についてもこれから追加して紹介していきますので、お楽しみに。


<「はやぶさ2」航行ステータス>
2015年1月7日14時0分(日本時間) 現在

太陽からの距離 1億5,263万km
地球からの距離 921万km
赤 経 72.45度
赤 緯 -27.08度
航行速度 毎秒29.2km

はやぶさ2カウントアップレポート“L+(エルプラス)”とは―

打ち上げ後の経過時間を示す際、運用現場では「Launch(打ち上げ)」と「プラス○日」を組み合わせて「L+1(=エルプラスイチ)」と表現します(あくまでも一例ですが…)。
今後、「はやぶさ2」の航行ステータスなどをお伝えするにあたり、6年間という長いミッション期間での“時間経過”を皆さんと一緒に感じていきたいとの想いから、レポートタイトル名といたしました。
“L+”では、月・惑星探査プログラムグループ広報担当者がミッション内容や運用状況にまつわるトピックスをお伝えしてまいります。

コメントする
コメント
お名前

2015年。明けましたね。はやぶさ次男君。おめでとう。関係スタッフの皆様もおめでとうございます。はやぶさ次男君。ふるさと地球を旅立ち、約30日。宇宙の環境に慣れつつありますね。冬の寒空を見上げながら、頑張っているはやぶさ次男君にエールを送ります。スタッフの皆様、運用が順調で安心しています。これからもよろしくお願いします。

今日から仕事がはじまりました。
はやぶさ2くん、日本はなんとなく平和にお正月を迎えることができました。
そっちはどうだい?

はやぶさが、惑星に向かう軌道の途中に出くわす隕石等の障害物に出くわした時の
避難は、どのように回避しているのでしょうか?                   

元気そうでなにより。しっかり確認して万全の航海を

 明けましておめでとうございます
久しぶりにコメントしましたが、わたしは正月が誕生日です。
今日は「つくろう はやぶさ2」のキャンペーンに投稿する、
あまりにもマニアックで正確な((アレ))を完成させようと思います。
JAXAの人も楽しみにしていて下さい。國中さんにもぜひ見てもらいたいですね。
一方、JAXAのはやぶさ2の状況も順調ですね。
初代はやぶさの映画でJAXAの人が、いろいろとはやぶさにコマンドを送ったり、点検をしているシーンがかっこよかったです。憧れます!
そろそろイオンエンジンも始動すると思われますが、次のお知らせを楽しみにしています!

あけましておめでとうございます
運用ご苦労様です

はやぶさ2から、地球はどの様に見えているのだろう?姿勢を変えてまでは、無理ですね。
スタートラッカの画像公開が楽しみです。
地球との相対位置や地球公転面を水平とした、はやぶさ2の姿勢が、時々サイトを訪れると見えたら最高ですね。

はやぶさ ズーッと見守っていました。
はやぶさ2も見守りますよ。

Let's go!!!HAYABUSA2

またあの感動を僕たちに見せてください
これからも頑張ってはやぶさ2
いつでも応援しています

はやぶさ2が順調で良かった~
僕は大きくなったら、宇宙開発の仕事がしたいです。

機器を確認するのに3か月もかかるんですね・・・。
これからも新しい情報と無事な知らせを楽しみにしています!

「はやぶさ2カウントアップレポート“L+”」を時々読ませてもらっています。打ち上げの感動から、冷静に手順に沿って、着々と深宇宙への旅立ちを準備されているJAXAの関係者の皆さん、本当にご苦労様です。搭載機器の一つ一つがすべて順調に稼働できることを願っています。ネジ1本、ボルト1個、にも制作・組み付けに関わった多くの方の技術と情熱がこもっていると思います。3ヶ月後、無事に予定軌道に乗ることを信じています。

なぜ三カ月もかかるのか。
それだけ沢山の装置があり、それに関わる人たちがいるからですね。
決して一人の力で運用できるものではなく、数人のチームワークでできるものでもない。
沢山のスタッフの方々が最高のパフォーマンスを発揮して、初めてはやぶさ2が最高の宇宙機として動き出す。
本格運用を心待ちにしています。頑張って下さい。

DCAM3が、DCAM1・2とは全く別物と言っていいくらい変わっちゃったそうですね
ぜひ詳しく紹介して下さい!射出する時の姿勢も、IKAROSの時と違うのですか?

機器のテストも順調の用で安心したわ。
三ヶ月間全ての機器が正常に動作しますように!

南無阿弥陀仏と言ったらどうでしょう

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。