ISS滞在60日、大西宇宙飛行士の仕事場を見てみよう

2016年9月6日(火)

  • プロジェクト
  • 宇宙飛行士と国際宇宙ステーション(ISS)
このエントリーをはてなブックマークに追加

大西宇宙飛行士が7月9日から国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在を始め、9月6日に60日が経過しました。
宇宙での日々の仕事や生活は大西宇宙飛行士のGoogle+に美しい写真とともに公開されています。

特殊目的ロボットアーム「デクスター」を把持したロボットアームと地球(大西宇宙飛行士Google+より)



大西宇宙飛行士は、8月26日にドラゴン補給船運用9号機をISSから離脱させる際に、ISSのロボットアームを操縦してリリース作業を行ったほか、米国クルーが9月1日に行った船外活動でもロボットアームを使った支援を行いました。

ドラゴン補給船運用9号機を離脱させるためのロボットアーム操作を行う大西宇宙飛行士(大西宇宙飛行士Google+より)

ISSの作業場所として出てくる、コロンバス、ズヴェズダなどのモジュール名にピンとこない、という方は、活動報告マップをみるとイメージがしやすいかもしれません。
大西宇宙飛行士がGoogle+に投稿した内容を、ISSのモジュールごと、日付ごとに見ることができます。

ISSのモジュール間を移動するときには、頭を先に飛ぶ派と足を先に飛ぶ派に分かれるそうですが、大西宇宙飛行士は、足からの方が安定するということでした。
その理由もGoogle+でしっかり自己分析されていますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

また、打ち上げと連動した「大西宇宙飛行士のここでクイズです」企画で出題された、宇宙での最初の「ゴハンは何かな?編」の回答も、Google+に掲載されています。

食事のため「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)に集まる第48次長期滞在クルー(大西宇宙飛行士Google+より)

更新情報をいち早く受け取りたい方は、JAXA大西宇宙飛行士活動報告Twitterアカウントが便利です。写真・動画なども気軽にチェックできますよ。
また、毎週金曜日にでるウィークリーレポートには、1週間の報告と翌週の予定がわかりやすく紹介されていて、こちらもおすすめです。



ファン!ファン!JAXA!では滞在60日を迎えた大西宇宙飛行士への応援メッセージを引き続き募集しています。ぜひ励ましのメッセージをお寄せください。

コメントする
コメント
お名前

地球の景色はやはり 綺麗ですか?

大分準備が整ってきたジオスペース探査衛星「ERG」
打上げは,2016年度と表記されていますが、打上げ月は
いつ頃頃か知りたいです。
一か月前だと休みが取れませんので!

宇宙から見る地球は、ため息が出るほど美しいんでしょうね。憧れます。先人達が目にできなかった地球の青さ、大西宇宙飛行士のご活躍を写真を通して拝見できる私は幸せ者です。
地球から応援してます。頑張って下さい( ´ ▽ ` )ノ

初めまして、大西宇宙飛行士の仕事場を拝見しまして、自分に置き換えるのも
何ですが、すごく、元気を頂きました。長期滞在クルーの方々と頑張って下さい。
応援しています。(^^)/

大西卓哉宇宙飛行士、羨ましいぞ! (^_-)-☆
実際、宇宙から望む地球とは、声援を送る皆さんがいる場所なんですよね。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。