ホシモのソラさんぽ「人事を尽くして天命を待つ…飛不動で打ち上げ成功祈願」の巻

2015年7月21日(火)

  • ホシモの部屋
このエントリーをはてなブックマークに追加

油井宇宙飛行士たち3名のISS長期滞在クルーが搭乗するソユーズ宇宙船(43S)打ち上げまであとわずかとなりました。7月20日には、打ち上げ場所のバイコヌール宇宙基地(カザフスタン)の発射台まで、油井さんたちが乗るロケットが運ばれて、垂直に立ち上げられた状態で設置されました。

ソユーズロケットは横倒しの状態で発射台まで貨車で移動

発射台に設置される、油井さんたちが乗るソユーズロケット(7月20日撮影)

ロシアの風習で、搭乗する宇宙飛行士が発射台へのロケットの設置を見学するのは「縁起が悪い」とされているため、油井さんに代わって若田さんがその様子を見守りました。
あとは、打ち上げの無事の成功を願うばかりですが、ホシモは念には念を入れて空飛ぶのりものにご利益のあるお不動様へお参りに出かけたようです…。

みんな、元気~?ホシモだよ~。油井宇宙飛行士の打ち上げが絶対成功するように、東京都荒川区にある飛不動というお寺にお参りしてきたよ~。「飛行安泰」というステッカーをいただいてソユーズ宇宙船の模型のそばに飾っておいたよ!これでもう心配無用だね~。

空飛ぶお不動様「飛不動尊」

飛不動尊はどうして空飛ぶのりものにご利益があるのかな?飛不動尊さんのウェブサイトにはこんな由来が載っていたよ~。

「飛不動尊は古くより、旅人の守り本尊として、旅先まで飛んできて守ってくださる【空飛ぶお不動様】、また病魔や災難等を飛ばしてくださる【厄飛ばしのお不動様】として信仰されてきましたが、近代に入り、航空機の発達と空飛ぶお不動様が人々の間で結びつき、現在では航空関係に携わる方々や海外旅行等で飛行機を利用される多くの方が、航空安全と道中安泰、旅行安泰を願い参拝しておられます。
近年では、小惑星探査機「はやぶさ」の無事帰還というご利益でも有名で、宇宙に関わる職業の方や愛好家の方々の参拝も多く、さまざまな分野で広く信仰されています。」

旅先まで飛んできて守ってくれるお不動様なんて頼もしいね~。「はやぶさ」も無事に帰還したということはそのご利益はあまねく宇宙にまでおよんでいる、ということなのかな?!


東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」を降りて、1b出口から南へ600mほど歩くと、住宅地のすき間に飛不動があります。赤いのぼりが目印です。

小惑星探査機「はやぶさ」の無事帰還への御礼の意味をこめてか、本堂には「はやぶさ」帰還時の光跡をとらえた写真が奉納されていました。

「飛行安泰」のステッカーをソユーズ宇宙船の模型のそばに飾ったよ!

お札代わりのステッカーは「航空安全」「飛行安泰」「旅行安泰」の3種類あったよ~。今回は大気圏の外まで有人宇宙飛行する、ということで「飛行安泰」を頂いてソユーズ宇宙船の模型の脇に飾ったよ~。ソユーズロケットの打ち上げが無事成功して、ソユーズ宇宙船が予定通りISSに到着しますように!

打ち上げ当日はインターネットライブ配信を見よう!

油井宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船の打ち上げ、およびISSへ到着して入室する模様は、インターネットにてライブ配信されるよ!ぜひ一緒に、油井宇宙飛行士がISSへ向けて旅立つ瞬間を応援しよう~。

【放送概要】

ソユーズ打ち上げ:7月23日午前5時15分~午前6時30分
ハッチオープン・入室:7月23日午後0時40分~午後2時10分

コメントする
コメント
お名前
この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。