「だいち2号」大涌谷の隆起を観測

2015年5月15日(金)

  • プロジェクト
  • 防災
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月9日~2015年5月7日の観測データによる解析結果
大涌谷(おおわくだに)内の直径200メートル程度の非常に狭い範囲(丸印)で、最大6センチ程度隆起する地殻変動が見られました。画像提供:国土地理院

国土地理院は5月8日、神奈川県にある箱根山の大涌谷で、直径約200メートルの範囲が最大約6センチ隆起(陸地が周囲に対して高くもりあがる)したと発表しました。この解析は「だいち2号」の観測データをもとに行われました。

上の画像は2014年10月9日~2015年5月7日の観測データによる解析結果を示した図です。丸印の部分で、最大6センチ程度の隆起する地殻変動が見られました。この変動は、地下の浅い所での膨張をとらえている可能性がある、と考えられます。 なお、2014年12月12日~2015年4月17日の解析では、このような地殻変動は見られませんでした。

今回判明した隆起は、気象庁によって地表に設置された傾斜計で観測された山体の膨張傾向との合致が確認されました。気象庁では火口周辺警報(噴火警戒レベル2)を維持し、大涌谷に監視カメラを設置する等観測を強化しています。



地形の変化を電波で見る

「だいち2号」に搭載されているLバンド合成開口※レーダ(PALSAR-2)は、観測センサ自体からマイクロ波(電波)を発射し、反射されたマイクロ波の様子を観測する。この方法では、昼夜や天気に関係なく山や谷の凹凸(おうとつ)などを細かく調べることができます。

※マイクロ波を1度だけ発射するのではなく、地球の周りを飛びながら何度も連続して発射しその反射の変化を捉えることでより細かく地上の様子を知る技術

[動画] 人工衛星「だいち2号」の機能

もっと知りたい

  • 「だいち2号」はほかにどんな観測をしているの?

「だいち2号」は昨年9月の御嶽山噴火後、火口付近が最大10センチ程度隆起したことも観測しています。

また最近では、南米チリ南部のカルブコ火山噴火ネパール地震の観測も行っています。

  • 大涌谷ってどんなところ?

大涌谷は、約三千年前の箱根火山最後の爆発によってできた神山火口の爆裂跡。現在もあちこちから硫化水素を含む噴煙が上がっています。
※火口周辺警報(レベル2)により大涌谷を通るロープウェイや、そこへ繋がる道路は現在通行止めになっています。

コメントする
コメント
お名前

だいちシリーズはすごい活躍してるのに、メディア露出が少なくて、一般大衆にはその活躍が知られていませんね。

だいち(先代)の頃は、レスポンスが早くて、世界のどこかで災害発生したときは、即座にJAXAトップページで速報を出してたので、日本国内の多くのファン有志で、ツイッターなどに情報拡大をやっていたりしたのですが。

最近は、一次ソースの出が遅いので、有志も動きたくても動けない状態が続いていますね。

これがアメリカや中国とかなら、鬼の首を取ったかのように世界中に自慢して回るくらいの国際的活躍をしてるのにね・・・。

こういった情報って大事な気がしますが・・・。

事があって、最近の情報を後付で発表するのはどうなんでしょうか?
その前6ヶ月間の変動データを示さなければ、データとしては不確実なものだと思います。
それ以前から隆起傾向があったのなら、今回のこの発表は風評被害をもたらすだけです。
それ以前が沈降もしくは増減なしならば、警戒が必要なのかもしれませんし今回の現象の原因かもしれません。

衛星の必要性を示すため最近の話題に飛びつくのは正しいのかもしれませんが
一般に観測データを示すのであれば、そこをちゃんと明快にしないと発表の仕方として間違っていると思います。

佐藤様

貴重なご意見ありがとうございました。
佐藤様のおっしゃる通り、「その前の6か月間の変動データを示す」必要があるかと存じます。
国土地理院様の発表から引用する形で、以下の一文を本記事に追加させていただきましたので、ご報告いたします。

「なお、2014年12月12日~2015年4月17日の解析では、このような地殻変動は見られませんでした。」

また、国土地理院様の発表から時間が経過してからの掲載となりましたことをお詫びいたします。
こういった話題こそ時宣を捉えて迅速に記事作成し、公開していくように今後も努力して参ります。

一番よく見えるのは上からですものね。だいち2号の地道な?観測の積み重ねが、こんな風に役立つのですね。これからもだいち2号からの報告が楽しみですし、南海トラフ地震の予測に繋がって欲しいと切に願います。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。