GPM/DPR応援メッセージ募集中! コラムも更新中!

2014年2月4日(火)

  • プロジェクト
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真:種子島宇宙センターでGPM主衛星を整備する様子

日本が開発した二周波降水レーダ(DPR)を搭載するGPM主衛星の打ち上げが間近に迫ってまいりました。
ファン!ファン!JAXA!では、GPM/DPRプロジェクトチーム、打ち上げへの応援メッセージを募集しております。投稿コーナー「今月のお題」からお気軽にご投稿ください!

また、応援メッセージはTwitterでも募集しております。ハッシュタグ#GPMをつけて、ツイートください。

打ち上げに向け、GPM/DRPスペシャルサイトのコラムも随時更新しております。
ライブ中継のMCはどんな人? プロジェクト最新情報がチェックできますよ!

そもそも、GPMってどんな衛星なの?と疑問を抱かれた方には、こちらのムービーをご覧ください。

NASAによるGPM紹介動画:2分間でGMP計画のポイントをわかりやすく解説!



DPRスペシャルムービー:GPM/DPRの開発から打ち上げまでアニメーションで紹介!



JAXA及びNASAが進める国際共同ミッション「GPM計画」では、GPM主衛星と複数の衛星群で、地球全体の降水(雨や雪)を一日に複数回観測します。

GPM主衛星は、NASAのゴダード宇宙飛行センターで組み立てられ、JAXAが情報通信研究機構(NICT)と共同で開発した二周波降水レーダ(DPR)と米国で開発されたGPM マイクロ波放射計がそれぞれ搭載されています。

DPRは、従来の衛星では観測出来なかった弱い雨から豪雨までを観測するとともに、雨滴や雪、氷粒子の大きさやそれらが雲の中でどのように分布しているのかといった降水(雨や雪)の詳細な情報を得ることができます。また、GPMマイクロ波放射計は、13の異なる周波数で降水(雨や雪)の分布等を幅広く観測します。

さらに詳しくという方はこちらから!

コメントする
コメント
お名前

コラムも楽しみにしています。打ち上げの日は好天に恵まれますように!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。