本文へ移動する

「あかつき」金星周回軌道へ!日本初の惑星探査へ

2015年12月9日(水)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月9日、JAXAは、金星探査機「あかつき」を金星周回軌道へ投入できたと発表しました。いよいよ日本初の惑星探査がはじまります!

「あかつき」は2010年12月7日に金星周回軌道投入を行い失敗。5年ごしの再挑戦は、探査機の設計寿命を超えていることや長期間の運用で機器が劣化している可能性があることなどから、最後のチャンスでもありました。

今回の軌道投入には姿勢制御用の小さなエンジン4台を使用しました。5年前、最初の金星周回軌道投入に失敗した時に、軌道制御用の大きなエンジンを失ってしまったためです。
本来「姿勢制御用エンジン」は、短時間の噴射で探査機の姿勢をととのえるためのものですが、今回はこれを軌道投入のために使い、約20分も噴射することにしたのです。

金星周回軌道に投入する「あかつき」の想像図。箱型の機体の隅にある姿勢制御用のエンジンを噴射しています(黄色の丸囲み部分)

12月7日8時51分(日本時間)からエンジンが噴射され、その後探査機から送信されたデータの解析を行い、同日12時には計画通りに噴射されたことが確認できました。
それから2日ほど探査機軌道の計測と計算をした結果、ついに「あかつき」が金星周回軌道に投入されたことがわかりました!

「あかつき」はすでに観測機器の立ち上げを始めており、機能確認済みの3つの観測機器からは撮影画像が届きました。
今後、残り3つの観測機器の機能確認、およそ3か月間の初期観測を行うとともに、軌道制御運用を行って金星を9日間程度で周回する楕円軌道へと移行し、2016年4月頃から本格的な観測がスタートする予定です。

紫外イメージャ(UVI)

1μmカメラ (IR1)

中間赤外カメラ(LIR)

上記はすべて、12月7日の姿勢制御用エンジン噴射後に撮影された金星の画像。はじめて見る金星の姿が地球に届きました。

本格的な観測が始まるとおよそ2年間、上空の高速の風や硫酸の雲、雷の存在の有無…謎に包まれた金星の大気の動きを調べ、その気象学を解き明かしていきます。今から待ち遠しいですね!


早朝の挑戦、そのとき運用管制室は

12月7日。相模原キャンパスの運用管制室では、早朝から「あかつき」の金星周回軌道投入運用が行われました。その時の様子を写真でお伝えしましょう。

軌道投入前の運用管制の様子1

軌道投入前の運用管制の様子2

固唾をのんで画面を見守るプロジェクトチーム

エンジン噴射の後に、拍手がおこる運用管制室

Our dreams will...

金星のように輝かしい笑顔!

中村プロジェクトマネージャは昨年(2014年)4月22日に発行されたISASメールマガジン 第500号掲載のコラムで、次のように書いています。

“周回軌道に入れなかったトラブルは様々ですが、投入時に爆発してしまったりして、無事にその機体が保たれること自身珍しく、さらにその探査機が太陽を何周も廻った揚げ句、目的の惑星に再び辿り着き、そこで逆噴射をして周回軌道にのるという事はある意味夢の様な話です。しかし、その夢の様なことを我々は「あかつき」に挑戦させようとしています。”

そして、2015年12月7日。昼に行われた記者会見によると
周回軌道投入の運用が完了したとき、中村プロマネは次のように述べたそうです。

“Our dreams will come true.”

広がる応援の輪

今回の運用には、日本中、世界中からたくさんの応援が集まりました!ありがとうございます。

運用開始と同じ4時頃から、相模原キャンパスでは金星の観察会「金星探査機『あかつき』挑戦の日に金星を見よう」を行いました。


全国各地でも、たくさんの方が「明けの明星」金星を見てくださった模様です。


また、応援のメッセージは日本だけでなく、世界中から届きました。JAXAウェブには今日(12月9日)現在で日英300件を超すメッセージがあつまっています。ツイッターでも #あかつき応援 のハッシュタグでたくさんの応援をいただきました。

NASA深宇宙ネットワークのキャンベラ局からも、日本語ハッシュタグで応援が!

もちろん、これからが「あかつき」のミッションスタートです。
金星の大気の謎を解き明かし惑星気象学を確立させるという大きな目標に向かう「あかつき」。これからもどうか応援よろしくお願いします。

コメントする
コメント
お名前

ちょっと遅くなりましたがおめでとうございます
綺麗な写真も送ってきてくれていますね!

話は変わりますが最近DSNを見ていて気づいたのですがあかつきとはやぶさ2のダウンリンクは2つとも511.0b/sに固定されているように見えます。他の外国のお皿たちはkb/s級の通信速度のようですが、これには何か理由があるのでしょうか? 距離は結構違いますが-130dBmくらいある火星探査機もkb/s級です。
節電でしょうか?

あかつきのことこのサイトで初めて知ったんですけどあかつきってすごーーーーーーーーーーい

「やったことの無いこと。に挑戦するとき、失敗や苦難はつきものだ。」
「失敗したくないときは、何も挑戦しないのが一番いい」

これまで実現したことのない、日本初の惑星探査機を実現するために、それまで多くの苦労がありました。
もちろん、あかつきだけでなく、のぞみやはやぶさから受け継がれたものも含めて、
それらの苦労が結ばれて、今回やっと実現することが出来ました。
ありとあらゆる関わった人たち全員に、おめでとうございます。そしてありがとうございます。

すごい、よく頑張りました!
でもこれからが本番、頑張ってください。
頑張れ、あかつきー!!!

あかつきおめでとう

堂々と不良品のノズルを使い失敗さした三菱重工はどうなってんの賠償しろ アホ

通常数秒位しか噴射しない姿勢制御用エンジンを20分間噴射させる、ということは姿勢制御用エンジンの想定外の使い方であるため、エンジンの耐久性、エンジン燃料の確保(姿勢制御用エンジンの燃料を使い切ってしまうとその後のミッションガ出来なくなる)等、大きな難問があったと推察いたします。これを可能にされたのはおそらく、コンティンジェンシーに対する設計思想が的確だったこと、衛星を知り尽くしている人々の勇気ある決断、だったと思います。卓越した技術と運用が融合して初めて可能となる、本当に賞賛すべき軌道投入だったと思います。立派な観測データを取得されることを期待しております。

あかつきくん、成功おめでとう!!!
ちょうどその時は学校のテストだったのですが、ずーーーーっと無事を祈ってました!(笑)
これからのミッションもがんばって下さいね!

おめでとうございます。あかつきくんはついにきんせいちゃんとダンスを踊るようになったのですね。
軌道投入運用時の拍手や会見の時の皆さんの晴々とした表情に、待ちに待ったこの時が遂に来たんだなと胸が熱くなりました。
そして早速送られて来た画像の美しさに、あかつきくんの熱い想いが感じられて涙が溢れました。本当に良かったです。
あかつきチームの皆さん、お体大事にしてこれからも頑張って下さい。応援しています。

あかつき君、チームの皆さんおめでとうございます!
軌道の計算、2年もかけるなんてすごいです!次は観測ですね!スーパーローテーションなどのヒントを楽しみにしています!本当におめでとう!

何度もすみません。あと海外からの応援で忘れてはいけないのは金星科学コミュニティ(と呼んでいいのでしょうか)からのもの、特にあかつきと兄弟ミッション(姉弟というべきでしょうか)的関係にあるVenus Expressチーム/関係者からのものではないでしょうか。2010年のあの出来事の後、あかつきが金星に戻れるとしても5、6年後で、当然それがあかつきの設計寿命をこえた後だとわかっていたはずのVenus Expressチームがあかつきチームに「あかつきの到着を今でも待っていますよ」とのメッセ−ジを送ったという話には大変心を打たれました。口だけではなく、実際にいろんなレベルでの協力/サポートがあったと自分は認識しております。こういう実際に起こっている国際協力(トップ同士が握手してる写真とかではなく)こそ人々に知られるべきかと思います。

「本格的な観測が始まるとおよそ2年間、上空の高速の風や硫酸の雲、雷の存在の有無…謎に包まれた金星の大気の動きを調べ、その気象学を解き明かしていきます。」


まちがえちゃいけないのは、軌道投入がミッションではない、ということ。当たり前ですが。ミッションが成功するかどうかは、まだ誰にわからないはず。つまり「その気象学を解き明かしてい」けるかどうかは誰にもわからない。解き明かしていけることを自分は切に願っていますが。中村先生が昨日の会見の冒頭でおっしゃっていたことは、あかつきの設計寿命はもう過ぎている&予定より高温な環境にさらされてきた等の現実が原因でいつ探査機が壊れてもおかしくない状況である、という意味だと自分は解釈しています。


それにしても一先ずは本当によかった。あかつきにたずさわってこられた全ての皆様にお祝い申し上げます。

金星周回軌道への投入成功、おめでとうございます。
執念の軌道計算、すごいです。
当初、再挑戦の時期は6年後、投入される周期は約30日だったかと記憶しています。
機体の寿命を考え、そして観測により適した軌道に投入するために
ある意味「心をこめて」導きだした道筋。
この軌道上で、あかつきの性能が十分に発揮され
金星の様々な謎が解き明かされることを祈ります。
これからのミッションも頑張ってください。

あかつきくん、中村さん方、成功おめでとうございます!!
皆さんの努力が無事実って本当に良かったです。
何をやった訳でも無いですがとってもホッとしています。
これからは本題のあかつきくんの運用に移りますね。
観測データが温暖化対策など様々なことに役立てられていくのだと思うと夢が広がります。
また素晴らしい成果が得られることを期待しています。
本当におめでとうございました!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年