本文へ移動する
このエントリーをはてなブックマークに追加

X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)特設サイト

「ひとみ」(ASTRO-H)の観測装置

熱く激しい宇宙を解き明かすため、「ひとみ」(ASTRO-H)には、最先端の技術を駆使して開発された、2種類の望遠鏡と4種類の検出器が搭載されます。それらの観測装置を紹介します。

観測装置の搭載位置

X線を集める望遠鏡

軟X線望遠鏡(SXT-S、SXT-I)

硬X線望遠鏡(HXT)

X線を反射するメガホン状のアルミ板を、バウムクーヘンのように1000枚以上も同心円状に並べた構造の望遠鏡です。HXTは、集光が難しい硬X線の撮像ができる望遠鏡です。国産ナノ技術を駆使して開発され、SXTより6倍も高いエネルギーのX線まで反射・集光できます。

SXT-S, SXS-I:Soft X-ray telescope
HXT:Hard X-ray telescope

集めたX線光子を1個づつとらえ、エネルギーと位置を測る検出器

軟X線分光検出器(SXS)

「X線マイクロカロリメータ」とよばれる技術を用い、SXT—Sが集めたX線光子のエネルギーを従来にない高精度で測定する装置で、検出器部分を絶対零度の近くまで冷やさなければいけません。X線マイクロカロリメータ技術による宇宙X線の分光観測を、衛星として世界で初めて実現する、 「ひとみ」(ASTRO-H)の目玉の装置です。これにより、激しく進化する新しい宇宙の姿が明らかになると、世界の研究者が期待を寄せています。

SXS:Soft X-ray Spectrometer

軟X線撮像検出器(SXI)

硬X線撮像検出器(HXI)2台

天体からのX線をとらえ、エネルギー別の画像を撮影する装置です。SXT-Iの焦点面に置かれるSXIはX線CCDカメラで、X線望遠鏡の焦点面検出器としては初めて国産のCCD素子を搭載します。HXTの焦点に置かれるHXIは、同じく日本の半導体技術の粋を集めて開発された新型検出器で、SXIより高いエネルギーでX線天体の撮像・分光を行います。

SXI:Soft X-ray Imager
HXI:Hard X-ray Imager

ガンマ線を検出する検出器

軟ガンマ線検出器(SDG)2台

「狭視野コンプトンカメラ」という独創的な国産技術を用い、望遠鏡を用いずに、X線より高いエネルギーの軟ガンマ線をとらえる検出器です。「ひとみ」(ASTRO-H)の搭載装置の中で、最も高いエネルギー領域を受け持ち、宇宙の高エネルギー現象の解明に活躍します。

SGD:Soft Gammma-ray Detector

もっと詳しく:

「ひとみ」(ASTRO-H) 衛星諸元

打ち上げ場所 種子島宇宙センター
打ち上げロケット H-IIAロケット30号機
全長 14m(観測時)
質量 2.7 t
目標寿命 3年
軌道高度 約575km
傾斜角 31度
種類 円軌道
周期 約96分
主要ミッション機器 硬X線望遠鏡(HXT)
軟X線望遠鏡(SXT-S,SXT-I)
硬X線撮像検出器(HXI)
軟X線分光検出器(SXS)
軟X線撮像検出器(SXI)
軟ガンマ線検出器(SGD)


投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年