X線天文衛星「ASTRO-H」2月12日宇宙へ ― 熱い宇宙の中を観る

2015年12月11日(金)

  • プロジェクト
  • ロケット
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真:筑波宇宙センターで機公開されたASTRO-H (2015年11月27日)

X線天文衛星ASTRO-Hの打ち上げ予定日が、2016年2月12日に決定しました。H-IIAロケット30号機により、種子島宇宙センターから打ち上げられます。

“熱い”宇宙の中を観る?

宇宙は冷たく静穏に見えますが、X線を用いると、爆発・衝突・突発現象など、激動に満ちた熱い姿が見えてきます。

X線での宇宙観測を飛躍的に進めるべく、日本がNASAや世界各国の協力をえて開発した新世代のX線天文衛星がASTRO-Hです。ASTRO-Hは暗黒エネルギーや暗黒物質(ダークマター)の支配のもとで「見える物質」が宇宙最大の天体である銀河団を作ってきた過程や、多数の銀河の中心に君臨する巨大ブラックホールの生い立ちに切り込み、また中性子星やブラックホールにおける極限状態での物理法則を探ります。

本日オープンした特設サイトで、ミッションや観測機器などの情報を随時お知らせいたします。ぜひ ASTRO-Hが観ようとしている“熱い宇宙”とは何か、どのような機器が搭載されるのか、などにふれてください! またJAXAは打ち上げ当日のライブ中継を予定しています。

宇宙にX線天文衛星を打ち上げる理由

ASTRO-Hが観測の対象としているX線は、私達が普段見ている光(可視光線)の仲間で、電波・赤外線・紫外線と同じ電磁波の一種です。宇宙から地球へ飛んでくるX線やガンマ線は、地球の大気に吸収されてしまうため、地上で観測することができません。そのため、大気圏外に出て観測することが必要となります。

X線は可視光と比べて1000倍から10万倍も波長が短く、その分、高いエネルギーを持ちます。

ブラックホールや中性子星、銀河団など、宇宙に存在するさまざまな天体の多くは、天体の内部や周囲における高温・高エネルギー現象にともなって、可視光だけでなくX線でも輝いています。

ケンタウルス座銀河団 左:可視光(NASA Skyview) 右:X線(JAXA/U.Tokyo)

レントゲン写真や空港の荷物検査などで使われるように、X線は高い透過力が特徴です。しかし、その透過力をもってしても、地球の大気の「壁」をこえて、宇宙空間から地表へ到達することはできません。宇宙空間から到来するX線をとらえるためには、X線望遠鏡を人工衛星に搭載し、大気の外へ出ることが必要なのです。

コメントする
コメント
お名前

打ち上げに成功して当たり前になってきました。
何の心配もいりません。素晴らしいですね。
人間が乗るのも、もうすぐです。

打ち上げ、見にいきたい。
JAXAの衛星、全て応援しています。
日本の繊細な技術力、誇りです。

今はハッブル宇宙望遠鏡やISSを見上げるのが趣味になっています。来年からはASTRO-Hも探します!見上げるのがとっても楽しみです。そして、2月12日の打ち上げ映像を想像するだけでワクワクしています!
チームの方々応援しています!全てうまく行きますように!

「すざく」の運営終了以前に打上げされていれば最高だったんでしょうけれどもね。
切れ目の無い観測態勢を維持できればよかったのですけれども。
(日本のX線観測技術は世界の注目するところですからね。)

すざくとアストロH
あかりとスピカ
だいちとだいち2

本当は間断無いほうがいいですね。
はやぶさ2が帰還するまでに、次の惑星探査機も打ち上がるといいんですけどね。

可視光や赤外線と違い、地上では大気の影響で観測出来ないX線。
特にブラックホールの研究はX線が重要で、X線観測が出来るようになったおかげで、ブラックホールの研究が一気に進んだそうですね。
世界トップレベルの、日本のX線天文観測技術。
その最新版。先代すざくの後継者アストロH。
打ち上げが楽しみです。
 
補助ロケットの数は2本の202なのかな?
二段高度化機能は、また使うのかな?
打ち上げ特設サイトが出来たら、そこに詳しく書いてあるでしょうね。

『地球上で見えない宇宙を宇宙で見ようとする』というのは面白いなぁ、と思いました。
まずは打ち上げがうまくいくことを祈っています。
2月12日、がんばれASTRO-H!がんばれH-ⅡA!!

打ち上げ期待してます!すざくの後を受けて更なる活躍を!
どんな愛称がつくのかも楽しみですね

凄いですね。打ち上げ楽しみです!

期待してます。応援します。ノーベル賞を狙ってください。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。