「超絶体験! あなたはどっち派? ロケット発射音 ~イプシロンとH-IIB~」~Maker For Tokyo 2013 連動イベントにおじゃましました~

2013年11月6日(水)

  • イベント
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加



11月4日、日本科学未来館で行われた「Maker Faire Tokyo 2013」(主催:株式 会社オライリー・ジャパン)の連動企画として、イプシロンロケットとH-IIBロケットの打ち上げ音響体験が JAXA 職員の梶川さん・森さんによる解説付きで行われました。

開始時刻におじゃますると、会場である未来館7階イノベーションホールは100名 を大きく上回る参加者で満員!
JAXA 解説員の梶川さんによると、音響の「聴き比べ」は珍しい催しで、録音場 所はいずれも打ち上げ場所から 3km 程度離れた区域であるそうです。

さて音響体験第一弾は、大型基幹ロケットH-IIB!
はじめに解説があり、液体燃料と固体燃料の複合ロケットであること・日本科学 未来館の高さよりも高いことなどを学びました。
そしていよいよ発射!ゴゴゴゴゴと低く大きく唸る打ち上げ音を体験しました。

続いて、新型ロケット・イプシロンの音響体験。
こちらも解説により、1段目が固体燃料のみのロケットであること、H-IIBの半分程度の大きさであることなどの説明を受けてから、バリバリバリ~!と高く裂くような音を体験しました。

2機の音響体験終了後にJAXA梶川さんが
「H-IIBは重低音でお腹に響きます。液体燃料エンジンと固体燃料エンジンの複合であるから、音も複雑になります。対してイプシロンは、一段目が強力な固体燃料エンジンだけで構成されているので、固体エンジン特有のバリバリと胸に響く力強い音のみがするのです」と説明されると、参加者の皆さんは納得されたように頷いてらっしゃいました。

最後に、連続でH-IIBとイプシロンの音を聴き比べて、確かに音の種類が違うことを実感してイベントは終了となりました!

また、会場では写真集「イプシロン・ザ・ロケット」のオリジナルポストカードが先着50名様にプレゼントされました。イプシロンロケットの開発から打ち上げまでを撮影された西澤丞さんも来場され、写真集を購入された方へのサイン会が開催されていましたよ!

コメントする
コメント
お名前

ぼくは去年の10月のh2aの打ち上げに行きました。
やっぱり、バリバリバリトいう振動と、迫力がありますね。
あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人生3分の2得した ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

質問です。
とてもざっくりいうと、イプシロンはSRB-Aが1本、H-IIBはSRB-A4本+LE7なので、
単純な算数をするとH-IIBのほうが5倍以上の音量になりそうな気もします。
今回聞き比べを体験したら、音の「質」の違いはあれど「音量」はほぼ同じだったかと。
音っていうのは本数が増えても音量にはさほど影響ないのでしょうか?
講師の方(もしくはご存知の方)が見ていましたら教えてください。

楽しかった〜!!
MーVとイプシロンの聴き比べ希望!!

聞き比べっていうアイデアが良かった!!
西澤さんのサイン欲しかった。。

この企画、ファンファンJAXAをサーフィンしていて気づきました。
(それほど大きく告知されていなかったですが、とても魅力的な企画で娘と共に馳せ参じました。)

ロケットの打上げを現地で見たことはあるのですが、聞き比べというのは初めてで、
これほどまでに違うものかとびっくりしました。
とくにイプシロンの方が弾ける音が強く、H2Bよりも感覚的にうるさく感じたのは驚きでした。

ぜひ、この企画、筑波宇宙センターでのツアーや一般公開などで催されてはいかがでしょうか?
現場の臨場感とロケット特有の音による環境の影響を同時に体感・理解する上で非常によい企画だと思います。ぜひご検討下さい。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。