小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(18/09/27)

  • 人工衛星
  • 地球
  • 探査機
  • 専門家向け
  • 記者会見・記者説明会
  • 産業連携

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会

小惑星探査機「はやぶさ2」は、引き続き小惑星Ryugu(リュウグウ)の観測活動を実施しています。
今回の説明会では「はやぶさ2」の現在の状況、「はやぶさ2」のMINERVA-II1分離運用についての説明や、小型着陸機MASCOTの紹介などを行う予定です。

日時

平成30(2018)年9月27日(木)15:30~16:30

登壇者(予定)

「はやぶさ2」プロジェクトチーム
ミッションマネージャ
吉川 真 (よしかわ まこと)
(JAXA宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)

MINERVA-II1担当
吉光 徹雄(よしみつ てつお)
(JAXA宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)

ドイツ航空宇宙センター (DLR)
MASCOTシステムエンジニア
佐々木 要 (ささき かなめ)

「はやぶさ2」の運用に関する情報については、JAXAウェブ はやぶさ2特設サイト、はやぶさ2プロジェクトサイトにてお知らせします。

  • 本記者説明会の内容や登壇者へのご質問は、ここのコメント欄では受け付けておりません。予めご了承ください。

コメントする

 吉光先生を始めスタッフの皆様おめでとうございます。
 「solという用語を使えるのは,小惑星の上に着陸し夜を越したからで,
火星にローバーを着陸させ探査活動をしているNASAのように,我々は…」
と嬉しそうに語られる先生の会見を本当に待ってたぞー!!という感じです。
 素晴らしくダイナミックなカラー写真が次々に展開され,そして着陸後
約20solを経ても,ミネルバちゃんは二人(?)とも元気でいるとのことで
13年前からの設計の素晴らしさと,今回の制作を担当された町工場の皆様方
の確かな技術力に,感謝,々 です。