本文へ移動する

「こうのとり」6号機打ち上げ成功!把持ライブ中継は13日(火)19:20~

2016年12月10日(土)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月9日(金)22時26分47秒、 種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)を搭載したH-IIBロケット6号機が打ち上げられました。
H-IIBロケット6号機は正常に飛行し、打ち上げから約15分11秒後に予定の軌道で「こうのとり」6号機を分離、 打ち上げは無事成功しました。

「こうのとり」6号機は宇宙飛行士の食料や飲み水などの補給物資のほかに、ISSの運用に欠かせない日本製リチウムイオン電池を搭載した新型バッテリ―、大学や企業が開発した超小型衛星7基など合計5.9トンもの多彩な荷物を送り届けます。

また、ISSから分離して大気圏に突入するまでの間を利用して、導電性テザー(電気を通すひも状の装置)による宇宙ごみの除去実験を行う予定です。



「こうのとり」6号機はこの後約5日間かけて国際宇宙ステーション(ISS)に向けて接近し、12月14日(水)未明に結合する予定です。なお、ISS接近後にISSのロボットアームによる把持(はじ)の模様はインターネットでライブ中継されます。どうぞお見逃しなく!

【放送日時】12月13日(火)19:20頃~(60分程度)

いよいよISSへ向かう「こうのとり」6号機と、3シフト24時間体制で運用を行う「こうのとり」(HTV)運用管制チームへの応援メッセージを引き続き募集しています。寒さを吹き飛ばす熱いメッセージ、お待ちしております!

コメントする
コメント
お名前
この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年