H3ロケットの開発が本格スタート

2015年7月27日(月)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型基幹ロケット名称決定!「H3ロケット」

新型基幹ロケットの名称が「H3ロケット」(エイチ・スリー・ロケット)に決まりました!
この名前とした主な理由は

  • 日本がこれまで積み上げてきた大型液体ロケットの技術を受け継ぐので、その系譜を示す“H”を継承
  • H-IIA/H-IIBロケットからコンセプトおよびシステムを根本から見直した新たなロケットなので、“H3”とする

といったことです。

「世界中の人たちが使いたくなるロケット」へ

H3ロケットは、いったいどんな狙いのもと、開発されるロケットなのでしょうか。
岡田プロジェクトマネージャによると、顧客の声を実現することを第一にしたロケット…「価格・高い信頼性・柔軟なサービス」の3つが揃って、「世界中の人たちが使いたくなるロケット」を目指しています。

「価格(コストを下げる)」については、今までの受注生産から一般工業製品のようなライン生産に近づけていくことや、自動車等で使われている部品を活用することなどで実現します。
「高い信頼性」は、これまでのH-IIAロケットでつちかった技術を受け継ぐとともに、新たな第1段エンジン(LE-9)の開発に数値シミュレーションを活用した新しい手法を取り入れることなどで実現します。
「柔軟なサービス」については、受注から打ち上げまでの期間を短くするとともに、年間の打ち上げ可能機数を増やすことで、「打ち上げたい」という顧客の声に素早く応えます。そのために、ロケット組み立て工程や、衛星のロケット搭載などの射場整備期間も、H-IIAロケットから大幅に短縮します。

これまでのロケット技術を集大成し、日本が持つさまざまな分野の技術を融合することで、H3ロケットを「世界中の人たちが使いたくなるロケット」にしていきます。

※H3ロケットの1段エンジンは2基・3基から、固体ロケットブースタは0本・2本・4本から選択可能。

日本の液体ロケット開発の系譜。H3ロケットは、蓄積された技術の集大成

どうして今、新型ロケットの開発が必要なの?

2001年8月29日
H-IIA試験機1号機打ち上げ

2014年5月24日
H-IIA24号機(「だいち2号」搭載)打ち上げ

現在運用中のH-IIAロケットは1996年から開発が始まり、試験機1号機が打ち上げられたのは2001年です。以来30機近くの運用経験と高い信頼性を積み上げてきました。
その一方、ロケットの新規開発から長い時間が経ったことで、今世界で主流になっている「人工衛星のサイズ」や「打ち上げ価格」とずれてきているとともに、開発を経験した技術者の年齢が高くなって日本のロケット開発技術の伝承が危ぶまれるなど、いくつかの課題をかかえています。

そこで、日本がこれからも自力でロケットを打ち上げられるよう、また、世界中の人から「使いたいロケット」として求められるよう、2020年度の試験機1号機の打ち上げに向け、2014年度より開発を行っています。

コメントする
コメント
お名前

宇宙開発に限らず、日本の技術は亀の歩みより遅いとよく揶揄されます
リニアモーターカーも構想から半世紀以上かけてようやく実用化の目途が立ちました
言いかえると、ゆっくりでも継続して行けば必ず達成できる。継続は力なりです
そういう意味では、日本の宇宙開発、もっと気楽に温かい目で見守っていきたいものです

日本が有人宇宙船開発出来ない理由は、危険だから政府が禁じていると思っていた部分もありますが、実際は予算、日本の物価が中国、インドと比べてべらぼうに高いから実施出来ないという話を聞きました。
H3ロケットやこうのとりの後継機は半分の予算で出来るように頑張ると言われていますね。
ならばその節約出来た予算を使って少しずつでも開発を進めて頂ければ嬉しいのですが。
リニアモーターカー等、半世紀以上を掛けてようやく実用化の目途を付けられたものも多い、日本のモノ作り。
JAXAが打ち上げる有人宇宙船を見ずに死ねるか、という思いです。
1年でも早い完成、お待ちしております。

H3ロケットには有人宇宙飛行の夢も託されているそうですね。
なのに国は宇宙船開発のGOサインを出してくれないとの事で、許せませんよね?
H3は、全ての打ち上げを成功させて、ギャフンと言わせて何がなんでもGOサイン出させてください。
既に40年以上の長きに渡って国産宇宙船が飛ぶのを夢見て来た一人の親父の願いです。

液体ブースター2本を着けた、仮名H3ヘビーで、日本初の有人地球周回宇宙船を打ち上げる検討をお願いします。
日本人の悲願を遂げてください。

私が初めて見たロケットh2aから早10年。
JAXAの方々の努力の凄さには毎回驚きます
頑張ってください。

LE-9新型エンジンの開発がキーポイント。確実に進めてほしい。同時に世界を見渡すと、酸素リッチ2段燃焼サイクルを実現したり、1段目の回収再利用を進めたりと、ライバルの技術獲得も進んでいる。日本ならではの個性を発揮して、世界にとって意義のある技術的な成功を目指してください。

H-2Aが実質H-3で今回のはH-4な気がしないでもない。
液体ロケットブースターはやらないのかな。
ゆくゆくは有人宇宙船を打ち上げ可能なロケットになって欲しい。

小さい会社(製造業)の技術をやっているので、最近身にしみてわかります。
新型ロケットを、6年足らずで開発する凄さを・・・
やべーよ・・・やべーよ・・・・

H3での有人宇宙飛行を期待します。

H2B初号機のわくわくをもう一度味わえるんですね!!

H3ロケットの打ち上げがとても楽しみです‼
日本のロケットがますます活躍することを祈っています

H3ロケットの活躍を期待しています

H3とイプシロンが宇宙への敷居を更に下げてくれることを期待します。日本の新しい力を知らしめましょう!!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。