本文へ移動する

宇宙を漂う生命の「種」をキャッチ!「たんぽぽ計画」始動

2015年4月28日(火)

  • プロジェクト
  • 科学
このエントリーをはてなブックマークに追加

油井宇宙飛行士も国際宇宙ステーション滞在中に実験に参加
宇宙を漂う地球の生命の源を捕まえる「たんぽぽ計画」、始動!

「たんぽぽ計画」実験装置の訓練を受ける油井宇宙飛行士

宇宙には果たして、地球上の生物と同じような生命体がいるのか? 生命の起源となる物質はどのようにして地球にやってきたのか? 決定的な証拠はいまのところ見つかっていません。

その証拠をとらえようという日本のユニークな宇宙実験が5月から、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟で始まります。

これは「たんぽぽ計画」と名付けられており、「きぼう」の船外に「エアロゲル」という寒天のような捕集材を設置して、宇宙空間を漂うアミノ酸などの有機物などを採収しよう計画です。

アミノ酸など生命の材料、つまり生命の「種」がタンポポの種のように宇宙空間で浮遊しているのを探すのが「たんぽぽ計画」のねらいなのです。実験には、東京薬科大学やJAXAなど、全国26の大学や研究機関が参加しています。

スペースシャトル退役で中断した計画が、「きぼう」日本実験棟で10年越しの実現

簡易曝露実験装置(ExHAM)(エックスハム)は、エアロックとロボットアームを合わせ持つ「きぼう」日本実験棟の機能を活用して、船外活動なしで宇宙空間に直接実験サンプルをさらして様子を調べるための装置。
上面にロボットアーム用の取っ手、下面に「きぼう」船外への取付け部を備えた直方体のつくりで、上面に7個、側面に13個の実験サンプルを搭載できます。
宇宙放射線など過酷な宇宙環境に材料を直接さらすこともでき、その影響を調べることで先進的な材料の開発への貢献も期待されています。

たんぽぽ計画で集められたサンプルは、「はやぶさ」の微粒子などとも比較され、
生命の起源の謎に迫ります。 (C)たんぽぽチーム

もっと詳しく

 

採取するものと同じ種が月に表面にもあると考えてもよいのでしょうか?
数十億年分がたまっていうとすれば過去に採取したサンプルにも含まれていたのでしょうか。

宇宙で紙飛行機を飛ばして大気圏突入実験計画(略して宇宙紙飛行機計画)のほうが実現するのは何年後になるのかな~

日本人宇宙飛行士の青い服の胸には、いつまでも忘れないように、紙飛行機が描いてありますが、
話が出てから既に何年も経過して、その間にスペースシャトルは引退し、日本の宇宙船こうのとりが実現して大活躍してますね。

そろそろ、もういいんじゃないかな。と思いますが。

この『たんぽぽ』計画、初めて聴いたのは2006年1月のことでした。パンスペルミア説を確かめるための構想ですね。確かに、10年越しの計画です。
いずれにせよ、実りある結果が出ることを期待したいと思います。

コメントする
コメント
お名前
この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016年