本文へ移動する

運用していた人工衛星が寿命を迎えるのは、どのような理由から?

人工衛星について

2013年2月27日(水) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

一般に人工衛星の寿命をもっとも左右する要因は、その軌道と姿勢を保持するために搭載する燃料の量です。
衛星が飛行する軌道高度や衛星の燃料を除く質量、また打ち上げに使用するロケットの打ち上げ能力などの制約を総合的に検討し、打ち上げ時の搭載燃料の量は決定されます。
その量において、確実に軌道・姿勢を保持できるであろう期間が衛星のおおよその寿命となります。
なお、バッテリや太陽電池の耐久性なども寿命を左右しますが、たいていの場合燃料が底を尽きて運用は停止となります。

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年