本文へ移動する

静止衛星はどうして止まっていられるのですか?

人工衛星について

2013年2月27日(水) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

静止衛星とは、赤道上空の高度約36,000キロメートルの円軌道を周回(速度約3キロメートル/秒)する軌道です。
人工衛星の地球を回る(公転する)周期は、地球の自転周期と同じ約24時間です。
地上から見ると常に「静止」しているように見えるため、「静止衛星」と呼ばれ、気象衛星や通信・放送衛星などに広く使われています。

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年