本文へ移動する

宇宙飛行士が訓練に使うT-34C練習機とはどのような飛行機ですか?

宇宙飛行士について

2013年3月4日(月) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

T-34C練習機は、ジェットエンジンのタービンでプロペラを回すターボプロップエンジンを装備したプロペラ機で、主に米海軍のパイロット養成のために古くから使われている2人乗りの練習機です。コックピットは与圧されていません。

T-34C練習機は、パイロットの操縦訓練(T-38ジェット練習機に搭乗する前の初等訓練)に使われています。

T-38ジェット練習機

T-38ジェット練習機

主要緒元
名称 T-34C Turbomentor
主な役割 海軍/海兵隊パイロット用練習機
製造メーカ ビーチ・エアクラフト社(現レイセオン・エアクラフト・カンパニー)
エンジン Model PT6A-25ターボプロップエンジン(Pratt & Whitney Aircraft of Canada)
サイズ 全長 9m、 全高 3m、全幅 10m
最大速度 時速515km
最大上昇高度 7,620m(25,000フィート)
重量 2,007kg(4,425ポンド)
航続距離 およそ1,111km(およそ600海里)
単価 $1,000,000
定員 2名(教官、練習生)
運用開始 1977年

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年