本文へ移動する

ERG衛星、相模原キャンパスで機体公開

2016年9月30日(金)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月29日(木)、JAXA相模原キャンパス内で、ジオスペース探査衛星「ERG」の報道関係者向け機体公開が行われました。
ERG衛星は今年度中に、打ち上げ能力をアップさせたイプシロンロケット2号機により内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定です。

ERGってどんな衛星?

地球のそばの宇宙空間(ジオスペース)には、地球の磁力のためにとても高いエネルギーの電子やイオンが多量に捉えられている放射線帯(ヴァン・アレン帯)があります。ここにある高エネルギーの電子は、人工衛星のコンピューターの誤作動や帯電、宇宙飛行士の被ばくを引き起こすなど、さまざまな影響ももたらします。

これらの高エネルギー電子は、太陽風の乱れに起因するジオスペースの大規模変動(宇宙嵐)にともなって生まれたり消えたりを繰り返しています。高エネルギーの電子がどのように加速されて生まれるのか、また宇宙嵐はどのように発達するのかを明らかにするのが、ジオスペース探査衛星「ERG」の目的です。

ジオスペース探査衛星「ERG」は、人工衛星にとってはとても過酷なヴァン・アレン帯中心部に長時間滞在し、9つの世界最先端レベルの観測機器によってヴァン・アレン帯の探査をします。



コメントする
コメント
お名前

小学校の頃(今から50数年前)、科学が好きな先生がいて、バンアレン帯が
地球を太陽風から守っているのだと聞かされていました。
バンアレン帯と聞くと小学生の頃を思い出します。

宇宙と気象の関係が解明できればいいですね。異常気象の前兆現象に、太陽風は関係していないのか想像してしまいます。

衛星の機体に搭載されるメッセージプレートのメッセージ募集してたやつですね。打ち上げの成功とミッションの成功を応援します。頑張ってください。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年