本文へ移動する

「ひとみ」クリティカル運用期間が終了!初期機能確認へ

2016年2月29日(月)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

X線天文衛星「ひとみ」のクリティカル運用期間* が終了し、初期機能確認期間に入りました。現在、衛星の状態は正常です。

* クリティカル運用期間とは、衛星がロケットから分離した後、最低限の運用ができるようにする重要な期間のことです。ロケットに搭載する時にはたたんでおいた各機器を広げたり、衛星が宇宙空間で一定の姿勢を保てるように制御したり、地上から衛星を追跡管制する設備の機能を確認したり……という作業を、24時間体制で実施していきます。

「ひとみ」はクリティカル運用期間に、主に次のことを行いました。

H-IIAロケット30号機から分離するX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)

・冷却システムの立ち上げ

2月17日の打ち上げ後、SXSの冷却システムを試験運用のため動作させ、2月22日に、絶対温度50ミリ度(摂氏マイナス273.1度)に到達したことを確認しました。

・軟X線分光検出器(SXS :Soft X-ray Spectrometer)の試験動作

「ひとみ」に搭載される冷却システムは日本で開発されました。多層の真空断熱容器(デュワー)、多段の冷凍機、液体ヘリウムなどを組み合わせ、コンパクトながら高い冷却性能を発揮します。

・伸展式光学ベンチ(EOB :Extensible Optical Bench)の伸展

図:「ひとみ」分離から観測開始までの「ひとみ」の様子。
打ち上げ後、太陽電池パドルを展開して、伸展式光学ベンチ(EOB)を伸展させます。



今後、「ひとみ」に搭載されている機器の初期機能確認を約1ヶ月半、その後キャリブレーション(較正)観測* を約1ヵ月半かけて実施する予定です。
ファーストライト(初画像)が今から待ち遠しいですね! 引き続きみなさまの応援をおねがいいたします。

* キャリブレーション(較正)観測とは、衛星に搭載された観測機器の個性を把握し、観測精度を高めるために、これまでによく観測されてきた天体などを観測することです。



コメントする
コメント
お名前

回転してるとなると中の精密部品が心配ですね。
1日も早い復活を祈っています!!
JAXAのみなさん、たいへんだと思いますが、頑張って下さい(>_<)/
ひとみちゃんもがんばれ!!

現在通信不良と聞いております。大丈夫!!ひとみさん。行方不明の実験衛星を復活させたJAXAさんです!ひとみさんの無事をお祈りしています。この広大な宇宙の中で、無力な僕ができるのはこれだけです…

【最新「ひとみ」軌道情報】

22時55分現在、大西洋上空を航行中。
南緯:30.35° 西経:41.70°
高度:568.02km


※次の日本上空通過時刻
3月27日 23時44分 27秒に 屋久島上空を通過します。

本当に打ち上げられたんだと、実感しました。 これからも頑張ってください。jaxa がんばれ!!!!!! 

いよいよ初期機能確認、わくわくする結果が得られることを期待しています。

ご苦労様、ひとまず一安心ですね。それにしても打ち上げ感動でした。これからも多くの感動を地球上の全ての人に与え続けてくださいね。頑張れひとみ、頑張れJAXA!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016-2017年