本文へ移動する

「はやぶさ2」相乗り小型副ペイロードを選定!

2013年9月25日(水)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加
はやぶさ2 スイングバイ


2014年度に打ち上げ予定の「はやぶさ2」に相乗りする小型副ペイロードについて、公募にご応募いただいた中から、選定委員会の審査を経て、次の3機が合格と判定されました。

ペイロード名 実施機関 順位
PROCYON (プロキオン) 東京大学/JAXA 1位
ARTSAT2-DESPATCH
(アートサット・ツー デスパッチ)
多摩美術大学 2位
しんえん2 九州工業大学 3位


しかし、3機全てを打ち上げるために必要な質量(約228kg)が、「はやぶさ2」を打ち上げるH-IIAロケットの余剰能力(約200kg:現時点の算定値)を超えているため、審査で3機に順位をつけました。
今後、余剰能力の解析、小型副ペイロード搭載による「はやぶさ2」の振動環境への影響等の詳細な確認を行い、2014年3月頃に、今回選定した小型副ペイロードの搭載の可否及び搭載可能機数を明確にします。搭載可否の最終判断は、ロケット搭載前の2014年秋に行う予定です。

もっと知りたい!



PROCYONの概要

  • ペイロード名: PROCYON (プロキオン)
  • 提案機関: 東京大学(JAXAとの共同研究)
  • 寸法: 約H630×W550×D550mm
  • 重量: 約59kg
  • ミッション:
    1. 50kg級超小型深宇宙探査機バス技術の実証
    2. 高効率X帯パワーアンプによる通信、超近接フライバイ撮像技術等の深宇宙探査技術の実証
  • 実施責任者: 工学系研究科 船瀬龍 准教授
  • 共同実施機関: JAXA/ISAS 、東京理科大学、北海道大学、明星大学等


ARTSAT2-DESPATCHの概要

  • ペイロード名: ARTSAT2-DESPATCH (アートサット・ツー デスパッチ)
  • 提案機関: 多摩美術大学
  • 寸法: 約H500×W500×D500mm
  • 重量: 約30kg
  • ミッション:
    1. ソーシャルネットワークを用いたテレメトリ共同受信(協調ダイバシティ通信実験)
    2. 宇宙生成詩の創作(各種センサーデータから搭載プログラムが生成したテレメトリの送信)
    3. 深宇宙彫刻の実現(3Dプリンタ造形物の宇宙機搭載実証)
  • 実施責任者: 情報デザイン学科 久保田晃弘 教授
  • 共同実施機関: 東京大学


しんえん2の概要

  • ペイロード名: しんえん2
  • 提案機関: 九州工業大学
  • 寸法: 約H475×W490×D490mm
  • 重量: 約15kg
  • ミッション:
    1. 熱可塑性CFRPによる宇宙機の製作と宇宙利用実証
    2. 遠距離における地球-宇宙機間の相互通信
  • 実施責任者:大学院工学研究院 奥山圭一 教授
  • 共同実施機関: 鹿児島大学


詳しくはこちら

コメントする
コメント
お名前

見守っているよ。

PROCYON (プロキオン) が搭載されるのは、確実でしょうから ! !
次のどちらか選ぶならアートサット・ツー デスパッチかな。
私たち人類は深宇宙を美や神秘として見てる部分が昔からの伝統なら、きぼうで折鶴作ったように人々の心に残るもの残すのも未来の夢に繋がると思う。
正直、私としては、小型の神社と郵便ポストも搭載して欲しい。
海の中に郵便ポストがあるなら将来宇宙に郵便ポストが設置されるのは、何時かなと考えるのも楽しい。

PROCYONに一票!!超接近フライバイ撮像にワクワクです!!

アートサット2、おもしろい形ですね。
人工衛星もついにここまで来たか、ってカンジ。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016年