本文へ移動する

9月12日は「宇宙の日」

2017年9月12日(火)

  • イベント
  • 宇宙飛行士
このエントリーをはてなブックマークに追加

1992年、毛利衛宇宙飛行士が日本人として初めてスペースシャトルで宇宙へ!

世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという国際宇宙年にあたる1992年(平成4年)は、日本の有人宇宙開発の歴史において記念すべき出来事がありました。この年の9月12日、毛利衛宇宙飛行士がSTS-47ミッションにおいて日本人として初めてアメリカのスペースシャトル「エンデバー」で宇宙に飛び立ちました。

毛利宇宙飛行士は、公募で選定された愛称「ふわっと'92」という日米共同実験プロジェクトに携わりました。この当時はまだ国際宇宙ステーション(ISS)が無い時代で、スペースシャトル「エンデバー」に搭載されたスペースラブ(宇宙実験室)の中でさまざまな実験を行いました。いろいろなテーマの実験があり、そのなかには鯉を使った宇宙酔いの実験などもありました。



公募で選ばれた「宇宙の日」にふさわしい日、9月12日

日本においても、この国際宇宙年をきっかけに、末永く宇宙の普及活動を行おうと考え、広く一般の方々から「宇宙の日」にふさわしい日を公募しました。その結果、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日である「9月12日」が選ばれました。国際宇宙年である92年は九十二(きゅうじゅうに)と同じ読み方で、日本語の語呂合わせにもなっています。そして、毎年9月12日を「宇宙の日」として、さまざまな「宇宙の日」記念行事を行っています。



9月初旬から10月上旬までは「『宇宙の日』ふれあい月間」

世界に目を向けると、10月4日から10月10日までの1週間は「世界宇宙週間」にあたります。1957年10月4日に人類初の人工衛星「スプートニク1号」が宇宙へ飛び出したことや、1967年10月10日に宇宙の利用を世界全体で考える宇宙条約を発効したことなどにちなんでいます。

こうしたことから、「宇宙の日」と「世界宇宙週間」を含む9月初旬から10月上旬までを、「『宇宙の日』ふれあい月間」とし、より多くの方々に宇宙や宇宙開発などについて知ってもらう活動や行事を行っています。

(「宇宙の日」マスコットキャラクターである星ノ介くんも活躍してるよ。イベントや行事で見かけたらよろしくね!)




開催間近!「宇宙の日」にちなんだイベント

JAXAでも「宇宙の日」にちなんで毎年「宇宙の日記念 作文・絵画コンテスト」を開催したり、事業所の施設を一般の方々に公開しています。

みなさんの身近なところで、「『宇宙の日』ふれあい月間」の記念行事やイベントなどが行われていたら、ぜひお気軽にお立ち寄りください。宇宙のことを、もっと知りたくなるかもしれませんよ?!


(初出:2014年9月11日 改訂:2017年9月12日)

コメントする
コメント
お名前

この記事に関係ないんですが、9月30日の筑波宇宙センターの
特別公開に行けないと思うんで、次の特別公開の日にちがきまって
いれば、おしえてほしいです!
ホントにいきたいのに、大阪に住んでるので、いけないんですよ泣
宇宙飛行士の講演会(大西さんとか)が大阪にありませんか?
大阪にも講演会をたくさんひらいてほしいです!泣
将来、宇宙飛行士になりたいんで、そういう講演会に
たくさんいきたいです!
東京や筑波にいきたいんですけど、遠いので、だめだといわれます泣
なので大阪ても講演会、できるだけひらいてほしいです!泣
よろしくお願いします!!
長くなってすいません!

宇宙を身近に感じられる日ですね

宇宙の日のツイッターを見つけました!星ノ介くんが自分の誕生日です、って自己PRしててかわいい…。


https://twitter.com/hoshinosukekun


宇宙の日というものがあることを最近知りました。
これから月食もあるのでもっともっと宇宙が好きになりそうです!!

宇宙の日はいつも欠かさず、カレンダーにかきこんでいます!その日に宇宙で何かがすごいことが、起こることを楽しみにしています!
いつか、私も将来、宇宙の日に宇宙へ行きたいです!(´・ω・`)

宇宙の日ですか。私は前に宇宙の日の絵画・作文のコンクールに出しまして、
自慢のようですが、賞をとりました。
宇宙の日をもっとたくさんの人に知ってほしいですね。

自分もです!
宇宙の日 絵画コンクールで賞をもらって、相模原まで行きました。
みんなが、こんなコンクールなどを通じて、もっと宇宙の事を知ってくれたら嬉しいですね!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年