内之浦ツアー~打ち上げをもっと楽しもう!世界一愛されるロケット発射場

2013年8月21日(水)

  • 施設見学
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加


「種子島が“世界一美しいロケット発射場”なら、内之浦は“世界一愛されるロケット発射場”だ」という声も聞かれるほど、内之浦と内之浦宇宙空間観測所は良好な関係を築いてきました。地元出身スターの久しぶりの帰郷を迎えるような、温かい歓迎ムードが町に溢れており、観測所との“心の距離の近さ”を物語っています。
こちらのページでは、公式見学場や宇宙関連スポットをご紹介します。
※マップ上の番号(1~9)を押すと内容をご覧いただけます。



1. 内之浦漁港
県内有数の水揚げを誇る良港であり、「はやぶさ」映画のロケ地にもなり、機体輸送時には受け入れ港ともなった縁のある場所。射点から直線距離で約3km。山の向こうから上昇するロケットを見ることができる。駐車場約850台。
2. 内之浦小学校
内之浦の中心部にある小学校の校庭を駐車場(約200台分)として開放。射点まで直線距離で約3.1km。地元の子どもたちの多くもここから打ち上げを見る予定だ。
3. 叶岳ボードウォーク
内之浦湾を一望する叶岳(標高187m)の「ふれあいの森」には、板敷きのボードウォークがある。射点は直接見えないものの直線距離は約3kmと近く、峰に連なるパラボラアンテナが見渡せる。打ち上げ当日は車両乗り入れが禁止され、麓の駐車場(天子山グラウンド:約150台)から運行されるシャトルバスで入山することになる。
4. 叶岳 芝生広場
叶岳の南斜面にある芝生の広場。射点までの直線距離は約2.8kmとさらに近い。直接射点は見えないものの、ロケットの轟音や振動が体感できる。駐車場となる内之浦中学校グラウンド(約200台)からシャトルバスで入山。
5.宇宙科学資料館
科学衛星や観測機器のモデル、M整備塔などの模型展示だけでなく、イプシロンロケットに連なる歴史を物語る“実物”も多く展示されている。日本初の人工衛星「おおすみ」の成功を報じた当時の新聞や、内之浦婦人会から贈られた千羽鶴は必見。内之浦宇宙空間観測所の敷地内にあるため、打ち上げ当日は休館の予定。
6. 糸川英夫 銅像
シャツの袖をまくって腕組みする「日本の宇宙開発の父」糸川英夫像は、生誕100周年となる2012年に建立された。目線の先には太平洋、腕時計は「おおすみ」の打ち上げ時刻を指し、台座には「人生で最も大切なものは逆境とよき友である」という氏の言葉が刻まれている。東京藝術大学教授・本郷寛氏の手によるもの。内之浦宇宙空間観測所の敷地内に立つ。
7. 宮原一般見学場
射点からの距離は約2.8kmでM整備塔が直接視認できる。つまり打ち上げ前の機体を見られるのはここからだけ。入場は車両単位での抽選制となり最終倍率は27倍にも上った。シャトルバス運行はなく、徒歩・自転車・送迎による入場も禁止。プラチナチケットともいえる「入場許可証」を持つ車両でのみ乗り入れが可能。
8. 岸良(きしら)海岸
公式見学場の中では射点から約8kmと最も遠いが、「はやぶさ」映画のロケも行われた絶景の海水浴場。ウミガメの産卵地でもあり、環境保全が行き届いている。トイレ、シャワー、更衣室が整備され、駐車場は約100台。穴場的な見学ポイント。
9. 内之浦惑星ロード
市街地から内之浦宇宙空間観測所に向かう国道448号線に架かる5橋には水星~天王星までの6つの惑星の名前が付けられている。各橋の親柱(欄干の端の大きな柱)には独特の意匠が凝らされ、興をそそる。例えば木星橋(ジュピターブリッジ)の親柱のモチーフは「おおすみ」。一本道なので全走破は容易で、道に迷う心配もない。


※見学場や交通の詳細は肝付町のWebサイトをご覧ください。
※記事のフルバージョンはPDFでご覧いただけます。「内之浦」誌上ツアー (JAXA's 051号 P.10-11 [PDF]

コメントする
コメント
お名前

宇宙空間観測所のページの「打ち上げ見学」という欄からきました。
この説明は試験機のときのだと思いますが、2号機も同じ場所で見学できるのでしょうか?

コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、こちらはイプシロンロケット試験機の打ち上げ見学場所のページです。

イプシロンロケット2号機の打ち上げ見学場所は、以下のページをご覧ください。
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/8997.html

また、内之浦宇宙空間観測所ページからのリンクも修正いたしました。ご指摘ありがとうございました。

日本の宇宙開発の草の根で積み上げてきたものを感じることができる場所ですよね。
親子共々大好きな場所です。

いつ行く?今でしょ♪

この前のお盆休みに家族で訪れました。町のいたるところに宇宙開発の歴史が感じられ、子供達は興奮MAXでした。今回駐車場の抽選にもれたこともあり、少し早めに行ったのですが、宇宙科学資料館等々ゆっくりと見学でき、子供たちはますます宇宙のとりこになっています。

今回はあまりの混雑のため予定はほぼ弾丸ツアーとなりましたが、次回は現地でゆっくりしたいです。

日本宇宙開発の発祥の地ですね。
行ってみたい!

いつか、いつの日か訪れてみたい。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。