本文へ移動する

H-IIAロケット29号機 打ち上げライブ中継は24日14:45から!

2015年11月22日(日)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

基幹ロケット高度化開発の成果を第2段機体に適用したH-IIAロケット29号機の打ち上げ時刻が、11月24日(火)15時23分(日本時間)に決定しました。

種子島宇宙センターから、打ち上げの様子を24日(火)14時45分よりインターネット、ケーブルテレビ局で配信します。 JAXA事業所をはじめいくつかの施設では、パブリックビューイングが実施されます。お近くの方は、ぜひ足をお運びください。

今回打ち上げられるH-IIAロケット29号機は「静止衛星打ち上げ対応能力の向上」が適用された高度化仕様。第2段ロケットが数時間の慣性飛行を経て静止軌道近くへ人工衛星を運びます。
そのため放送も、打ち上げと衛星分離の二部に分けてお届けします!
衛星分離の様子は、24日(火)19時30分から配信予定です。こちらもお見逃しなく!

  • H-IIAロケット 高度化仕様 軌道CG




応援メッセージをツイッター(ハッシュタグ「#h2af29」)と、ファン!ファン!JAXA!「今月のお題」で募集しています。プロジェクトメンバー、ミッションへのご声援をおねがいします!

※ 最新のスケジュールは特設サイトおよび、JAXA公式ツイッター @JAXA_JPでお知らせいたします。

コメントする
コメント
お名前

成功おめでとうございます。日本人で生まれて最高!感動したよ。
ところで、今回の三菱・JAXAの請負はどこまで?もう手ははなれたのかな。
教えて!

コメントありがとうございます。
JAXAは打ち上げの際の安全監理業務(地上の安全確保、飛行安全の確保やカウントダウン時の総合指揮など)を、三菱重工は打ち上げ輸送サービス(ロケット製造、組み立て整備作業、発射整備作業・打ち上げなど)を担当しています。
詳しくは、打ち上げ計画書をご覧ください。
http://www.jaxa.jp/press/2015/09/files/20150918_h2af29.pdf

まだまだ、実績不足は否めませんが、今後の方向性として
イプシロンロケットの世界へのアピールも必要ではないでしょうか。

成功おめでとうございます!

そういえば、「門松衛星」こと「ひさき(SPRINT-A)」の、あの記憶に残る打ち上げ
大成功の際も、警戒海域と船舶の関係で、打ち上げ時刻が予定より少し遅れたんですよね。(この時は、侵入する可能性が出たので敢えて遅らせたんでしたっけか?)

今回も警戒海域と船舶の関係で少し遅れましたが、見事成功です。
成功フラグなんでしょうか?

最近は、ロケットの人気も高まってきて、船で海から打ち上げを見ようという人も増えたのでしょう。
それ自体はいいことですけど、進入禁止の警備の面とかどうにかしないといけないですね。
海上保安庁さんだけでなく、自衛隊さんとか、鹿児島県警さん以外の近隣の警察さんとかにも手伝ってもらえないでしょうか。

打ち上げ、中継見ました。成功してよかったです!

数分前に突然カウントダウンが止まって非常に不安でしたが直後の発射で安心しました。
分離成功の印に関係各位の喜びの声が聞こえて嬉しくなりました。
種子島で実際に打ち上げを見たいな~。

打ち上げ成功おめでとうございます!
不審船が侵入し、打ち上げ時間が変更になった時はどうなることかと思いましたが、打ち上げ&衛星分離ミッションの無事完遂お疲れ様でした。

素晴らしい映像を有難う御座います。今後の発展を益々願って止みません。

就業中で見守れませんが、がんばれH2A!

この度の打上げが成功し、日本の宇宙産業が益々発展することに繋がることを心から願っています。応援しています!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016年