H-IIA UPGRADE -新たなステージへ- H-IIAロケット29号機、11月24日に打ち上げ予定!

2015年9月18日(金)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月28日に三菱重工飛島工場で行われた機体公開

H-IIAロケット29号機の打ち上げ予定日が、2015年11月24日(火)15時23分~17時07分(日本時間)に決まりました! カナダTelesat社の通信放送衛星Telstar 12 VANTAGEを搭載します。
H-IIAロケット29号機は、基幹ロケット高度化開発の成果を第2段機体に適用しており、静止衛星の打ち上げ性能を向上しています。

H-IIA UPGRADE ―新たなステージへ― 基幹ロケット高度化とは?

基幹ロケット高度化プロジェクト ミッションマーク

基幹ロケット高度化プロジェクト
ミッションマーク

H-IIAロケットの打ち上げ成功率は世界のロケットの中でもトップクラスを誇っています。しかし運用開始から14年以上が経ち、衛星の大型化や設備の老朽化などさまざまな課題も見えてきました。これらの課題を乗り越えるために「基幹ロケット高度化プロジェクト」を実施しています。H-IIAロケットの打ち上げ性能を向上させ国際競争力を強化し、地上設備を簡素化することにより効率的なロケット運用を実現します。

筑波宇宙センター8mφチャンバ棟で実施された、熱真空試験時の様子(2012年)

筑波宇宙センター8mφチャンバ棟で実施された、熱真空試験時の様子(2012年)

このうち29号機で適用するのは、長時間飛行や第2段エンジン再々着火の機能です。
静止衛星を軌道近くまで連れていくことで、世界標準のサービスを実現。高度化技術で、H-IIAはより便利で使いやすいロケットに進化します。

特設サイトオープン! 

H-IIAロケット29号機の打ち上げ特設サイトを公開しました。基幹ロケット高度化の解説や、打ち上げインターネットライブ中継の情報を随時公開していきますので、お見逃しなく!(※2015年9月25日 追記)



打ち上げ成功に向け、応援おねがいします!

コメントする
コメント
お名前

種子島は静止衛星軌道に打ち上げるには緯度が高い
赤道上に打ち上げ基地を作るだけで30%もペイロードを増やせるので
洋上打ち上げか、トンガに打ち上げ基地を作るほうが効果的

えっと・・・「古いと思うなら新しいロケット作れよ!」って感じですね。
でもJAXAの金のなさはものすんごくわかるのでこの思いは心の中に秘めておきます。(秘めれてない

夢の再々着火が実現出来なかったとしても、再着火出来れば一応受注した仕事はOKですよね。
ここは、無料のオプションサービスまで、がっちり完全勝利でいっちゃいましょう。

二段ロケットが静止軌道まで入れてくれるから、衛星本体にメインエンジンは無い。イオンエンジンしか無い。なんてのは、20年前の夢の世界じゃないですか。ぜひとも実現しましょう。

ぶっつけ本番で他国の衛星を上げるというチャレンジングなミッションに見えます。これまでの打ち上げで、高度化技術のテストはしているのかな。とにかく、成功を祈っています。

第二段ロケットのエンジンをここまで使い倒す例は世界でもないはずです。
日本のエンジン制御技術の高さを世界に知らしめる為にも、ぜひ打ち上げを成功させて下さい。

より高い成功と安定を目指し日本の技術力を示して下さい。

世界で打ち上げ成功確率が高いh2aロケット

性能向上期待しています。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。