金井宇宙飛行士、NEEMOに挑む!

2015年7月14日(火)

  • プロジェクト
  • 宇宙飛行士と国際宇宙ステーション(ISS)
このエントリーをはてなブックマークに追加

NEEMO13で船外活動を行う古川宇宙飛行士(提供:NASA/NOAA/UNCW )

学生のみなさん、いよいよ夏休みですね! 夏休みの予定はもうきまったでしょうか。夏休みには海で泳いで潜って……一方、海といってもバケーションではない人も。
NASAで訓練中の金井宣茂宇宙飛行士は、7月20日(米国時間)から二週間、フロリダ州タバナー沖の海底でNEEMO20訓練*に参加する予定です。


* 第20回NASA極限環境ミッション運用(NASA Extreme Environment Mission Operations: NEEMO20)訓練

金井宇宙飛行士(提供:JAXA/NASA)

NEEMO訓練って?

今回で20回目を迎えるNEEMO訓練は、海底に設置されている研究室「アクエリアス」にて宇宙でのミッションにとてもよく似た状況をつくり、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に必要な能力を向上させることを目的に、14年前から始まりました。
ISSに長期滞在する宇宙飛行士には欠かせないこの訓練、今までにも多くのJAXA宇宙飛行士が参加してきました。

若田宇宙飛行士、アクエリアスへの移動(提供:NASA)

潜行する星出宇宙飛行士(提供:JAXA/NASA)

岩石サンプルの収集を行う大西宇宙飛行士(提供:JAXA/NASA/NOAA/UNCW )

どんな訓練をするの?

今回のミッションでは、将来の船外活動で使用するツール類の検証や、船内での各種研究などの作業が計画されています。

将来の船外活動……小惑星から火星まで、さまざまな重力環境、地表が想定されています。宇宙飛行士が見た環境を、そのまま地上の科学者もみることができたら…を実現するかもしれないツール、マイクロソフトの現実拡張ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」*が今回のNEEMO20で使用され、性能評価等が行われる予定です。

*NASAとマイクロソフトは、ISSで現実拡張ゴーグル「HoloLens」を利用するプロジェクト「Sidekick」を共同で開発しています。

水深20mのアクエリアスで二週間にわたり訓練を行う金井宇宙飛行士に、暑くなってきた日本から力いっぱいのエールをお送りします。

もっと詳しく

NASA NEEMO ツイッターでは、訓練の様子が随時ツイートされています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

コメントする
コメント
お名前

NEEMO訓練良いですね~
私もやりたいです!!!
頑張って下さい★

長期滞在決定、おめでとうございます!!
これからも応援しています!

金井さんNEEMO訓練応援しています!

金井さんのwikipediaを見て、あれ?そいいえば・・・て思いましたが
そうですよね、海上自衛隊出身ですし、潜水に関わっておられたのですよね!
得意分野でしょうか?ますますの技術、知識、体力?向上へ向けて頑張ってください!日本から応援しております!

ウェアラブル機器の試験がどんなものなのか楽しみです。
いろいろ教えてくださいね。

金井さん、懐かしの「海底」世界はいかがですか?
一緒に訓練する仲間たちと、充実した日々を過ごせますように★

どうか元気に地上に戻り、どうだったかをみんなに教えてくださいね!

油井亀美也さんは上空へ。
金井宣茂さんは海底へ。
地球レベルの壮大なmission..
そして我々は地上より声援を送ります。

もともと海上自衛隊で潜水に関係する仕事をしていたので、当時の現場の雰囲気を懐かしく思い出しています。
現地での1週間の事前訓練を終え、明日からいよいよアクエリアスでのミッション開始です!

NEEMOって楽しいですか?私もやってみたいです

金井さん、NEEMO訓練頑張ってください!

金井さん、2週間の厳しい訓練頑張ってください!でもアクエリアスって涼しそうですね~。日本は酷暑で僕はもうバテバテです…。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。