「だいち2号」、地球観測衛星として世界最高速度で地上伝送に成功!

2014年6月12日(木)

  • プロジェクト
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙にいる「だいち2号」が地球を観測して得られたデータは、毎日地上へ送信されます。地球をくまなく精密に観測する「だいち2号」が集めるデータ量は膨大で、それを効率的に地上に送信するための仕組みが欠かせません。そこで、JAXAが開発したのが、高速マルチモード変調器(XMOD「エックスモッド」)と呼ばれる「観測データ」を「電波」に変換する装置です。

「だいち2号」は6月12日に、このXMODにより、800Mbpsのデータ伝送に成功しました。 地球観測衛星としては、世界最高速度となります。

どのくらい速いのかわからないというかた。例えばスマートフォンやインターネットの通信速度は、
4G LTE 100Mbps (下り最大)
インターネット(光回線) 200Mbps(下り最大)
程度と考えていただくと、XMODがとても速い!と実感できませんか?しかも、地上から628km(東京都から高知県までくらいの距離)にある「だいち2号」と地上の間です!
それでは、XMODを使った通信確認の一環として伝送した「だいち2号」の太陽電池パドル展開動画をご覧ください。


※動画はすべて等倍速

「だいち2号」は一度に広い範囲の地表を精密検査します。「だいち2号」が観測した膨大なデータを迅速に伝送するために、XMODによる高速データ伝送が活躍します。

※映像は、「だいち2号」による通信確認試験のため、モニタカメラで撮影されたものです。

コメントする
コメント
お名前

すごいですね。通信装置だけでもCubeSatに乗せられませんかね。できたら画期的だと思いますが。

まるで、自分の身近で起こった事のようなリアルさが伝わってくる映像でした♪
宇宙空間ですから音もなく……なんでしょうけれど、パドルが開く際の空気の振動すら伝わってきそうでした。

無事展開したんですね!
高画質で地球も綺麗に確認できます!

すごい!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。