本文へ移動する

「だいち2号」から届いた! Lバンド合成開口レーダ展開画像

2014年5月26日(月)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

この画像、実は「だいち2号」が”自分撮り”した写真なんです!

クリティカル運用期間(※1)中の「だいち2号」は、昨晩から本日にかけて、Lバンド合成開口レーダ(PALSAR-2)のアンテナを展開する作業を完了させました。
「だいち2号」には、本期間中のイベント結果を確認できるモニタカメラが数台搭載されており、うちモニタカメラ3, 4, 5 が撮ったPALSAR-2展開の試験画像(※2)が受信できましたので、ご紹介します。

2014/6/6追記:動画も受信出来ました



■Lバンド合成開口レーダ(PALSAR-2) 展開シーケンス(イメージ図)



「だいち2号」から届いたPALSAR-2展開確認用カメラ画像



第1翼展開

<PALSAR-2展開用モニタカメラ5の視野>



A:(展開前)

C:(展開後)

モニタカメラ5で撮像したPALSAR-2アンテナ(-X面)試験画像 ※2



第2翼展開

<PALSAR-2展開用モニタカメラ4, 3の視野>



A:(アンテナ収納状態)

B:パッケージ展開

D:第2翼展開完了後

モニタカメラ3(右)と4(左)で撮像したPALSAR-2アンテナ(+X面)試験画像 ※2



※1 「だいち2号」はパドルやアンテナなど板状・棒状の部品をコンパクトにたたんだ状態で打ち上げられました。宇宙にて、それらの部品を拡げる(展開)・姿勢を安定させるといったイベントを行う期間を「クリティカル運用期間」と呼びます。

※2 この画像は、「だいち2号」による通信確認試験のため、PALSAR-2の展開確認用モニタカメラで撮影されたものです。

展開おめでとうございます!
自分撮りですね!美意識が高いですね!(笑)
今後のミッションの成功を祈ります!

展開成功おめでとうございます!最初の活躍が楽しみです!

衛星の状態が図解と写真でわかりやすい!

太陽電池パドル、PALSAR-2展開の成功おめでとうございます。
これからの運用の成果を期待しています!

やはり次々と主要部が展開されていく様は見ていてワクワクしますね!
フェアリングというゆりかごに揺られ、眠っていただいち2号が徐々に目覚めていくようです。
まだまだ油断のできない状態が続くこととは思いますが、
だいち2号の新情報を心待ちにしています!

ファイトです!

□□□□□□←だいち2号

PARSAR-2、無事に展開できて何よりです!
「自分撮り」写真、とてもきれいに撮れていますね。びっくりです。

こういった、研究目的だけではなく一般の方にもわかりやすい写真を撮影してくださってありがとうございます。そもそもの目的は、点検用などでしょうか。
こういうものを子供達が見て、将来の宇宙開発を担って行ってほしいなと思います。JAXA応援してます!

展開成功おめでとうございます!
ファーストライトが楽しみです。

だいち2号のLバンド合成開口レーダ展開成功おめでとうございます!!
しっかり展開してますね、宇宙でレーダが開いている貴重な写真がいっぱいでうれしいです。

コメントする
コメント
お名前
この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016年