本文へ移動する

若田光一宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船の打上げ日時は、11月7日(木)13時14分に決定

2013年10月25日(金)

  • 宇宙飛行士
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア連邦宇宙局は10月17日、モスクワで開催された審査会(GDR:General Designers'Review)の結果を受けて、若田宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(37S/TMA-11M)の打上げ日時を平成25年11月7日(木)13時14分(日本時間)に決定したと発表しました。
若田光一宇宙飛行士ら第38次/第39次長期滞在クルーはソユーズTMA-11Mに搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に約6ヶ月間滞在し、2014年5月にソユーズ宇宙船(37S/TMA-11M)で帰還する予定となっています。

若田光一宇宙飛行士は1992年に宇宙飛行士に選ばれた後、1993年にスペースシャトルのミッション・スペシャリスト(MS)資格を取得し、1996年にスペースシャトル・エンデバー(STS-72)に搭乗しました。2000年にはスペースシャトル・ディスカバリー(STS-92)に搭乗し、ISSの建設に参加。2006年に第10回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO)にコマンダーとして参加し、ロシアでソユーズ宇宙船のフライトエンジニアの訓練を行った後、2009年にはスペースシャトル・ディスカバリー(STS-119)に搭乗し、日本人として初めてISSの長期滞在クルーとなりました。

これまでの経験は海外の宇宙機関からも高く評価されており、若田光一宇宙飛行士は今回、第39次長期滞在クルーで日本人として初めてISSコマンダー(船長)も務めます。

若田光一宇宙飛行士ら第38次/第39次長期滞在クルーは今後、専用機に乗り、ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(GCTC)からバイコヌール宇宙基地(カザフスタン共和国)に向かい、打ち上げの最終準備に入ります。

<お知らせ>

JAXAでは、2013年11月に始まる若田光一宇宙飛行士による国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッションにおいて、ミッションの目的・内容などを分かり易くお伝えする実況解説含むJAXAのオリジナル番組を制作し、インターネットを通じて放送することを予定しております。10月31日(木)までインターネットライブ放送配信協力先を募集しています。 ※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

コメントする
コメント
お名前

本当ですね!中継放送もなかなか決まらなかったのでどうしようかと思ってました。もっと早めにいろいろと決めてほしいです。

でも若田さん、頑張ってください!!

すごく楽しみです。
がんばってください!!

若田さんかっこいい!キロボと仲良く宇宙での仕事を頑張ってください!

10月25日にトピックス立ち上げとは遅すぎますね。有人やる気あるんですかね。
日本人からコマンダー誕生とは、誇りに思うべきことです。もっと盛り上げないと!
実験棟を打ち上げたからって実験成果だけが成果ではない。「きぼう」自体が日本の技術の集結であり、日本からのコマンダー誕生がどれだけ日本人の心のモチベーションに火をつけることか。実験成果をゴリ押ししたって興味を持つのは相当な知識階級の方だけでしょうね。

打ち上げ時刻は、ちょうど私の昼休みの時間。
スマホで打ち上げ見られるかなー。

ソコル宇宙服ですか?かっこいいです!
ミッション頑張って下さい!

日本人初の船長、すごいですね~(^^)

若田さん、がんばってください!
そして、長期宇宙生活を楽しんできてください!!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2018年