本文へ移動する

ワイヤーアンテナの伸展完了について

2017年1月22日(日)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)について、1月16日、プラズマ波動・電場観測機(PWE)を構成するワイヤーアンテナ(電場観測センサ)の伸展を確認しました。下図の緑の矢印が示しているのがワイヤーアンテナです。

現在、衛星の状態は正常です。

プラズマ波動・電場観測器について

プラズマ波動・電場観測器は、時間変動しない電場と10MHzまでの周波数で振動するプラズマ波動電場、および、数Hzから100kHzまでのプラズマ波動磁場を観測します。ワイヤーアンテナは電場成分を観測するセンサで、1本のワイヤーアンテナの長さは約15mで、これが「あらせ」に4本搭載されています。

ワイヤーアンテナの端から「あらせ」の機体本体を挟んで反対側のワイヤーアンテナの端までの長さが約32mです。



   
コメントする
コメント
お名前

順調に進んでいるようですね。
楽しみです!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年