本文へ移動する

ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道変更運用(近地点高度上昇)の完了について

2017年1月13日(金)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)について、平成29(2017)年1月7日、軌道変更運用(近地点高度上昇)が完了したことを確認しました。

衛星の状態は正常です。

軌道変更運用後の軌道情報
遠地点高度 約32,110km
近地点高度 約460km
軌道傾斜角 約31度
周期 約565分


軌道変更運用解説

衛星に搭載された推進系(RCS)のガスを噴射し、近地点高度(衛星が地球に最も近づく点の高度)を上げる運用。「あらせ」はイプシロンロケットにより近地点高度約214km、遠地点高度約32,250kmの軌道に投入されていましたが、今回の運用により、近地点高度約460km、遠地点高度約32,110kmの軌道に遷移しました。

コメントする
コメント
お名前

前回の投稿は言葉足らずでした。
「・・・不足していたと云う事でしょうか?」と言いたかったのですが。
失礼しました。
今回の打上げを内之浦漁港から見ていました。
観測所を飛び立った後、満点の星空に吸い込まれて行った
イプシロン2号、感動しました。

今回の近地点高度上昇はイプシロン2号機で打上げた高度では不足していたと云う事です。

打ち上げ成功おめでとうございます!着々と準備が進んでますね。
この軌道変更というのはどの様な目的なのでしょう・・・。いや単純に無知でして、観測するのにこの軌道でなければダメなのか、他の衛星と衝突しない様に遠ざけたかったのか等・・・

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年

最新のコメント