本文へ移動する

ひまわり9号打ち上げ延期

2016年10月30日(日)

  • ロケット
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月30日(日)の種子島宇宙センターライブカメラ

2016年11月1日に予定しておりました静止気象衛星「ひまわり9号」(Himawari-9)/H-IIAロケット31号機(H-IIA・F31)の打ち上げは、打ち上げ当日の発射準備作業時に天候の悪化が予想されるため、打ち上げを11月2日、打ち上げ時間帯を15時20分~18時18分(日本標準時)に延期しました。

打ち上げライブ中継について

11月1日(火)に予定していた打ち上げ中継は11月2日(水)に延期となりました。放送時間の変更はありません。

コメントする
コメント
お名前

愛称の由来は、1日に1回地球を周るからだそうです。wikiより
日周り=ひまわり_なのでしょうね。
気象からすると、ちょうど台風の季節にひまわりが咲き、衛星からの観測画像で、予報できるからではないのか?と感じたりしています。
子供の頃、地上レーダーの雲の位置では、台風って何なの?位にしかイメージできなかったのが、ひまわりの画像で渦巻く低気圧の形が見えて、怖そうだなと分かるようになりました。
何より、打ち上げ成功と、安定運用開始をお祈り申し上げます。ご安全に!

当時の、島秀雄初代NASDA理事長は、花が好きな人でしたから、ゆり、あやめ、さくら、と花の名前の衛星が多いです。

日本の新幹線の父と呼ばれた島秀雄さんと同じ人です。

JAXAファンさん、竺原重郎さんへのコメントに失礼ながら横入りします。
命名にこのような経緯があったのですね。初めて知りました。
偶然にも気象衛星に花の名前が多いのは好ましくて良いと思って、別のスレッドに感想を挙げたばかりでした。
勉強になりました。有難うございます。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年