本文へ移動する

イプシロン3号機の1段モータ輸送

2017年12月19日(火)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshimo

みんな、元気~?ホシモだよ!
新しい打ち上げ日が1月17日に決まったね!
ホシモのイプシロンロケット3号機紹介「第3弾」は2017年8月に行われた1段モータの輸送について振り返ってレポートするよ~!

今回、密着するイプシロンロケットの1段はココだよ!

hoshimo

1段モータを積んだ船が内之浦の港に到着!
とても大きな船だ。

1段モータをこれまた大きなトレーラー(トランスポータ)に移し変えるため、クレーンが2基が待機していたよ。

船は無事、接岸。

これから内之浦宇宙空間観測所に運ぶ前に、輸送にかかわるみんなで打ち合せ。

いざ!クレーンを使って、船の中に格納されている1段モータを吊り上げます。

2基のクレーンを巧みに操り、トランスポータに乗るよう、向きを変えて降ろします。

トランスポータへの積み込みが無事に完了しました。

交通の妨げになりにくい夜を待って観測所へ出発!

2車線使って、慎重に運びます。

近隣住民の方も輸送の様子を見守ってくれているね。

電線が当たらないよう、関係者が棒で上げているよ。
大きいので運ぶのは大変だね。

無事に観測所に到着。

M組立室の中に格納して、輸送は完了!

関係者のみなさん、夜遅くまでお疲れさまでした。

ちなみにイプシロンを打ち上げる射場(Mセンター台地)はこのような感じ。
M組立室に入った1段モータは整備・組立て作業に移ります。

hoshimo
コメントする
コメント
お名前
この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2018年