本文へ移動する

[締切延長!]イプシロンロケットに応援メッセージを送ろう!

2017年7月28日(金)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの応援メッセージがロケットマークの一部に!

JAXAは、今年度に打ち上げを予定している「イプシロンロケット3号機」のプロジェクトメンバー、ミッションへの応援メッセージを募集します。
イプシロンロケットでは、初号機、2号機に引き続いて実施するこの企画。実はプロジェクトメンバーの大きな心の支えとなっています。

ロケットを打ち上げるまでには、1つ1つの部品から大きな設備に至るまで、限られたスケジュールの中で様々な試験や確認を経ていく必要があります。そのような作業に追われる日々を過ごすプロジェクトメンバーを癒してきたのは皆さまからいただいた温かいメッセージでした。疲れた時にふと見る数々のメッセージに勇気づけられ、あらゆる困難を乗り越えられました。今号機もそんな糧がほしい!イプシロンロケットの打ち上げを見守ってほしい! JAXAでは皆さまからの熱い応援メッセージを募集します。

第1弾:皆さまからいただいたメッセージは、ロケットに描かれるマークの一部として、使用させていただきます。締め切りは8月2日(水)17時 8月7日(月)17時まで。(締切を延長しました。)応募フォームよりご応募いただけます。


第2弾:皆さまからいただいたメッセージは、イプシロンロケット3号機のプロジェクトチームに届けます。 募集期間は追ってお知らせします。

皆さまからのご応募をお待ちしております!



プロジェクトマネージャからのメッセージ

2017年4月にイプシロンロケットプロジェクトマネージャを拝命した井元です。
これまでイプシロンロケットを応援していただき大変感謝しています。試験機(1号機)と2号機では皆様からいただいたメッセージをロケットに貼り付けて打ち上げました。皆様の声は我々にちゃんと届いています。打上げ作業での困難な局面では、皆様の声を思い出しながら関係者が一致協力して頑張り続けた結果、打上げを成功させることができました。3号機でもまた皆様の声を聞かせてください。皆様の声を心の推進力にします。応援して下さる皆さんのためにもイプシロンをより良いロケットにしていきますので、引き続き応援よろしくお願いします。

イプシロンロケットプロジェクトマネージャ 井元 隆行

イプシロンロケットって?

イプシロンロケットは、ロケットの打ち上げが⽇常的になり、宇宙がもっと⾝近に感じられる時代の実現を⽬指した固体燃料のロケットです。組⽴・点検などの運⽤を効率化することにより、運⽤コストの低減を実現し、無駄の少ないコンパクトな打ち上げシステムを作り上げました。
イプシロンロケットは1955年のペンシルロケットに始まり、2006年に退役したM-V(ミューファイブ)ロケットへと脈々と続いた⽇本の固体ロケット技術を継承しています。2013年には惑星分光観測衛星「ひさき」を載せた試験機(1号機)が、2016年にはジオスペース探査衛星「あらせ」を載せた2号機が打ち上げられ、今年度中に3号機の打ち上げが予定されています。

3号機は今までと何が違うの?

イプシロンロケット3号機からは、基幹ロケット(H-IIA)⾼度化で開発された、衛星を分離するための装置をイプシロン用に開発して適⽤します。従来は爆薬(火工品)を使って金属を切断して、人工衛星をロケットから分離していましたが、3号機からはゆっくりと開く装置を使用することによって、⼈⼯衛星が放出する際の衝撃を抑える⼯夫をしています。

コメントする
コメント
お名前

無事に打ち上げられますように‼
いつも応援しています‼とても楽しみです‼
がんばってください‼ ファイトー☆

無事に翔び立ちますように!!

衛星の紹介がありましたね。
ASNARO-2 !
地上観測衛星。画質では大型衛星にも負けないそうですね。
すごい衛星ですね。打ち上げ頑張ってください。

がんばれ3号\(^o^)/がんばれJAXA\(^o^)/

がんばってくださ(。・x・)ゞおうえんしてます

友達のお父さんが頑張っています。私もロケットにのってみたいです❗
皆さんがんばってください!\(^o^)/
熊本からおうえんしています

いつも打ち上げ楽しみにしています!
頑張ってください!応援しています

もう3号機があがるんですね!3号機ともなると素人の私からすると安定してきたのかなという感じがしますが、毎回改良を加えているので、きっと現場は挑戦の連続なのでしょうね。これからも内之浦からの打ち上げが続くように、成功をお祈りします!いつか内之浦で打ち上げを見てみたい!衛星の情報もお待ちしてます。

娘が大学でロケットを打ち上げています。今は手で抱える程度の小さなロケットだけど、いつかイプシロンの打ち上げに関わってるといいなぁ。

私は久留米市に住む小学5年生の女子です。イプシロンロケット3号機楽しみに待っていました。 去年の夏休み 内之浦へ行って初めてイプシロンロケットを知り、2号機打ち上げを見に行きました。去年の1番の思い出です。
今年も7月23日 日曜日に内之浦宇宙空間観測所と肝付町役場に見学へ 行きました。 いっぱい応援するので プロジェクトチームの皆さん頑張って下さい!! 3号機も打ち上げ見に行ける様に私も頑張ります。

いつか私も宇宙へ!!
そのためにも宇宙への道、応援しております。

どんな衛星を打ち上げるのか、気になって調べてみました。
イプシロン3号機で打ち上げるのはASNARO-2みたいですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ASNARO

まずこのロケットは何のミッションのために打ち上げるのか、衛星は何かをご説明ください。

イプシロンはロケットを特別なものから日常へ、敷居を下げるものだというお話です。
「打上げること」にのみ力点を置く広報はイプシロンで改めようとしてる古い世界そのもののようで強い違和感を感じます。
打上げという「特別なイベント」ではなく、多様な衛星を安く早く打ち上げる輸送手段としてのイプシロンの発展を応援させていただきます。

どんな衛星を打ち上げるのですか?

衛星の紹介は?
どんなのを打ち上げるの?
早く見たいよー!

JAXAのWebページでは、「ロケットの打上げ予定」に「革新的衛星技術実証1号機」と書かれています。…でも、確かにこれでは分かりにくいですよね…。技術実証衛星なので、何らかの新規技術を試すのでしょう。衛星についての詳細情報は、私も希望します。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年