気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)観測データの提供開始に関する記者説明会(18/12/20)

  • 人工衛星
  • 専門家向け
  • 記者説明会

気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)観測データの提供開始に関する記者説明会(18/12/20)

JAXAが開発し、平成29年12月23日に種子島宇宙センターから打上げた気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)の初期校正検証を約1年間かけて進めて参りました。

「しきさい」観測データの提供開始にあたり、初期校正検証結果と観測データの利用に関する説明を行います。

日時

平成30(2018)年12月20日(木) 14:00~14:45

説明者

JAXA 第一宇宙技術部門GCOMプロジェクトチーム
プロジェクトマネージャ 杢野 正明

JAXA 第一宇宙技術部門地球観測研究センター
研究領域主幹 村上 浩

国立研究開発法人 海洋研究開発機構 統合的気候変動予測研究分野
立入 郁 分野長代理

気象庁 地球環境・海洋部 環境気象管理官付
福山 幸生 化学データ同化技術開発推進官

ウミトロン株式会社
藤原 謙 代表取締役

  • 登壇者は現時点での予定であり、今後変更する場合があります。

気候変動観測衛星「しきさい」に関する情報については、地球観測衛星特設サイト、GCOM-Cプロジェクトのページにてお知らせいたします。

  • 本記者説明会の内容や登壇者へのご質問は、ここのコメント欄では受け付けておりません。予めご了承ください。

コメントする