革新的衛星技術実証1号機の報道機関向け機体公開に関する概要説明(2018/12/13)

  • 人工衛星
  • 専門家向け
  • 記者説明会

革新的衛星技術実証1号機の報道機関向け機体公開に関する概要説明(2018/12/13)

JAXAは、内之浦宇宙空間観測所において、今年度にイプシロンロケット4号機により打上げ予定の革新的衛星技術実証1号機の機体公開に関する概要説明を行います。

日時

平成30(2018)年12月13日(木)11:30~12:45

登壇者

JAXA 第一宇宙技術部門 イプシロンプロジェクトチーム
プロジェクトマネージャ 井元 隆行

JAXA 研究開発部門 革新的衛星技術実証グループ
グループ長 香河 英史

■ 超小型衛星

MicroDragon

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
平松 崇 特任講師

RISESAT

東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻
桒原 聡文 准教授

ALE-1

株式会社ALE
岡島 礼奈 代表取締役CEO

■ キューブサット

OrigamiSat-1

東京工業大学工学院
坂本 啓 准教授

Aoba VELOX-IV

九州工業大学宇宙環境技術ラボラトリー
趙 孟佑 教授

NEXUS

日本大学大学院理工学研究科
山口 清 氏

  • 登壇者は現時点での予定であり、今後変更する場合があります。

革新的衛星技術実証1号機に関する情報については、革新的衛星技術実証プログラム特設サイト、革新的衛星技術実証1号機/イプシロン4号機特設サイトにてお知らせします。

  • 本記者説明会の内容や登壇者へのご質問は、ここのコメント欄では受け付けておりません。予めご了承ください。

コメントする

まあ、「革新」とか言っても、だいたい
・既存の物を、より安く
・既存の物を、より高性能
・全く斬新なアイデア
の3通りなんだが、最後のより、先の2つの方が得点が高くなるんだなあ
最後のには「誰が使うんだ」って事になり、潜在的ユーザーより、先の2つの顕在的ユーザーが勝る訳
https://twitter.com/madnoda/status/1072783055654277120