TOPICS

衛星フェアリング出荷

衛星フェアリング出荷 ©KHI

H3ロケット試験機1号機用の衛星フェアリングが、川崎重工の播磨工場から種子島宇宙センターに向けて出荷されました。
衛星フェアリングはロケットの先端に取り付けられ、打上げ時の空力加熱、音響などの過酷な環境から衛星を保護するためのカバーです。試験機1号機では、この中に先進光学衛星「だいち3号」(ALOS-3)が搭載され打上げられます。H3ロケットの衛星フェアリングには白地に特徴的な新たなデザインも描かれています。