TOPICS

SRB-3逆VOS

SRB-3逆VOS ©JAXA

極低温点検のために組み立てたH3ロケットを、一旦分解する作業を開始しました(Vehicle On Standの逆の作業なので、「逆VOS」と呼んでいます)。取外した機体は横置きにして作業性のよい状態とし、安全のため未装着だった火工品を取付ける等の打上げ本番の形態に仕上げる作業を行います。
まずはSRB-3を取り外しました。試験機1号機はSRB-3を2本使う形態であり、「JAPAN」ロゴを挟むように2本のSRB-3が付いています。H3ロケットにはSRB-3を4本使う形態もあるので、SRB-3を取り外した後、場所を移動して再結合し4本形態での組立に問題がないことを確認しました。
今後、1段機体、2段機体の逆VOSも続きます。