本文へ移動する

夏休みに見たい!あなたのイチオシSF映画

2016年8月10日(水)

  • メディア
  • 未来
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン!ファン!JAXA!の投稿コーナで6月に「あなたのイチオシ宇宙・航空映画を教えて!」と募ったところ、たくさんの映画を教えていただきました。
こちらのトピックスでは、複数のコメントをいただいた作品を中心に、イチオシSF映画をご紹介します。

新世代SF

過去のSF作品の舞台となった未来が今!の2000年代。過去の名作をしのぐ良作が次々と公開されています。
特に多くのコメントをいただいたのがこちらの作品。

「ゼロ・グラビティ」(2013年)

  • ソユーズやスペースシャトルの人を宇宙まで送り、宇宙から地球へ帰還するあの技術が本当にあるんだと実感がより湧いて胸を打たれました。(すみれさん)
  • ゼログラビティが好きです。
    宇宙の映像がとてもきれいで、自分も宇宙空間にいるかのようで手に汗握る展開でした。
    ジョージ・クルーニー演じるマットが飄々としていて冷静でかつ温かみのあるキャラで素晴らしかったです(いおさん)

(C)Warner Bros. Pictures

「インターステラー」(2014年)

  • 「人類が移住するための系外惑星の探査」という、近未来的ながらも現実味を帯びたテーマ設定に加えて、ブラックホールやワームホール、時間の進み方の違いなどの、理論物理の考え方に基づく描写が素晴らしいです! ブラックホールがカギを握る作品なので、その巨大な重力によって引き起こされる現象を丁寧に描いているのが見どころ。
    また登場するメカの数々は、超技術やトンデモな描写が少なく、「既存の宇宙船の発展形」という感じで、非常にリアルさが際立っています。
    先の展開が予想できない緊迫感あふれるストーリーと、深みのある感動的なBGMに虜になりました。(DDG-173さん)
  • 「インターステラー」、重力や次元などの難しいキーワードも出てきて、初めはよくわからなかったけど、二回目には少し理解できて面白かった!
    家族同士の思いに泣きそうになったり、ユーモラスなメカキャラに笑わせてもらったり、人類や地球の未来を想像せずにいられなかったり…何度も新しい発見がありますよね(^∇^)。(ターズ大好きさん)

「オデッセイ」(2016年)

  • 最近見たSFでは「オデッセイ」がイチオシです。
    見る前に想像していた「火星でひとりぼっち」より、ずっと明るい映画でした。
    全編を流れる70'sポップスと、どこまでも広がる赤い大地の組み合わせ通り、悲壮感はなく、カラッとしています。色んなシーンで曲がぴったりはまっていて、ニヤッとしたり、ウルっときたり。「Hot Stuff」を聞きながら、ローバーで進むシーンが特にツボでした。
    ボヤきつつも、生き残るために次々とできることに取り組むワトニーには、宇宙飛行士魂を感じます。原作も面白かったですよ。(ありさん)

火星探査機キュリオシティが撮影した火星の様子。オデッセイではこの景色が緻密に再現されました
(C) NASA/JPL-Caltech/MSSS

名作SF

何年たっても色褪せることのない名作を、いくつも挙げていただきました。

「2001年宇宙の旅」(1968年)

  • 2001年宇宙の旅は、父が中学生の頃に観て感動し、私も最近見て感動して世代を超えて感動をわかちあえてすごく嬉しかったです(笑)(すみれさん)
  • やっぱり「2001年宇宙の旅」でしょう!
    人類が月に立つより以前(1968年)に公開されたにもかかわらず、スタンリー・キューブリックが描き出した宇宙の映像には驚嘆するばかりです…。
    映画の脚本を担当したアーサー・C・クラークは映画と並行して原作を書いており、キューブリックが見る者の解釈にあえて委ねた部分についてもわかりやすく記述しており、映画を見る前、見た後どちらでもぜひ一読されることをお勧めします。この映画は、ルーカス、スピルバーグなどのちに続く多くの映画監督に絶大な影響を与えた傑作です!(ゴマペプチドさん)

(C)Turner Entertainment

「ライトスタッフ」(1984年)

  • 一番はライトスタッフですね。宇宙開発の光と闇、米ソの冷戦時の競争、そして、あえて宇宙へは行かず世界初の超音速飛行から最高高度到達と飛行機にこだわり続けたテストパイロット達の基本ノンフィクション(一部フィクションあり)の物語、長時間の映画ですが見応えがあります。(福井隆司さん)

「アポロ13」(1995年)

  • 私も大西さんと同じく「アポロ13」がきっかけで宇宙や航空に興味を持つようになりました。実話をもとに精巧な映像とカメラワークで制作されたこの映画は、SEや挿入曲で見事に臨場感溢れる作品となっています。終盤には主役のジム・ラベルご本人が出演されるなど、本筋以外にも見所満載で、何度観ても飽きません!(こんぺいとうさん)

アポロ13号の帰還に向けたミッションコントロールディレクターらによる議論 (C) NASA

「コンタクト」(1997年)

  • 彼女が出会ったのは宇宙人なのか,宇宙そのものの意志なのか… 未熟な地球人に美しく温かい「コンタクト」を通して,何を伝えようとしたのか… いろいろな想像を掻き立ててくれるのです。(パダワン見習いさん)
  • ジョディーフォスター主演、カールセーガン原作。 この宇宙は地球人だけのスペースではないという意味合いの台詞が心に残ってます。(てばまるさん )

シリーズ物

「スター・ウォーズ」(1977年~)

  • 映画Star Warsシリーズですね。
    衝撃でしたよ。TIE-Fighterの「TIE」が Twin-Ion-Engine の略だったと知って…(笑)。
    Episode I-IIIは作られた時代も旧3部作とは異なるし、旧来のSWファンに言わせるとがっかりさせられる内容だったという感想がもっぱらでしたが、Epsode Iでの、惑星ナブーから通商連合の封鎖を突破する際、故障したロイヤルスターシップのシールドをR2-D2が電源直結で復活させた場面は、後の『はやぶさ』クロス運転を連想させる場面で大のお気に入りです。(うるしばたさん)

(C)20th Century Fox 

「スター・トレック」(1979年~)

  • 印象的な作品はTVの方ですが、映画の中で選ぶとすれば「スタートレック8 ファーストコンタクト」かな。恒星間飛行はワープドライブ航法を基本とし、周回軌道から惑星へ降りるのは転送装置。銀河系アルファ宇宙域に広がる惑星連邦は、これから人類が目指す夢でしょう。(イオンエンジン兄弟さん)

邦画

はやぶさ3部作といわれているこちらの作品。それぞれの角度から「はやぶさ」と「はやぶさ」に関わる人々が描かれています。

「はやぶさ/HAYABUSA」(2011年)
「はやぶさ 遙かなる帰還」(2012年)
「おかえり、はやぶさ」(2012年)

  • いろいろ考えたけれどはやぶさ三部作!!何回感動したことか!はやぶさ君の冒険日誌をこれで初めて知りました。はやぶさ君が帰ってくるときの本物の映像を見ると未だにうるっときます。。(みさこさん)
  • やっぱり『はやぶさ』です。水沢さんを超える人になる為に一歩一歩進んでいます!(里緒さん)
HAYABUSA
おかえり、はやぶさ
はやぶさ
はやぶさ 遥かなる帰還

そして、こちらのプラネタリウム作品も忘れることはできません。

「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」(2009年)
「RETURN TO THE UNIVERSE」(2014年)

  • 全天周映画「HAYABUSA2 RETURN TO THE UNIVERSE」が良い作品だと思います。CGで忠実に再現されているはやぶさ2やロケットはとてもリアルで迫力があります。前作の「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」からストーリーがちゃんと繋がっているのも良かったです。ラストの地球へ帰還し大気圏で燃え尽きていくはやぶさからH-2Aロケットから分離されて宇宙へ旅立つはやぶさ2へバトンが受け継がれるようなシーンはとても感動しました。ぜひ帰還バージョンも作って欲しいです。(LE-7Aさん)
  • この2作品がなければ、宇宙に興味を持ちませんでした。(魂魄妖夢さん)

実写版に続き、アニメ版も映画化されましたね。

「宇宙兄弟」(2012年)

  • 現実的に宇宙飛行士になる過程を見るなら宇宙兄弟です!(航大さん)

SFアニメ

こちらにも、熱いコメントをいただいております。

「オネアミスの翼」(1987年)

  • 当時何度も劇場に足を運びました.
    各地の大学の学園祭等で上映したプロモーションフィルムもすごくいい出来でした.(トントカイモさん )
  • 打ち上げシーンの描きこみのクオリティや坂本龍一の音楽とともに終わる印象的なエンディングなど、記憶に残る傑作だと私も思います。主人公の声をあてている、森本レオもいい味を出していましたよね。(ゴマペプチドさん)

「宇宙戦艦ヤマト」(1977年)

  • さらば宇宙戦艦ヤマトです。
    初めて映画館に連れて行ってもらったのが、ヤマトです。
    ラストで泣いたのを覚えています。(山田浩嗣さん)
  • 私が宇宙に興味持ったきっかけは、宇宙戦艦ヤマトです(増澤満美さん)

「さらば地球よ…」/「はやぶさ2」が地球スイングバイ後に撮影した地球

 

夏休み・お盆休みに見たい映画は見つかったでしょうか。気になった作品はぜひ涼しいお部屋で見てみてくださいね~。
投稿コーナでは、「スペース・カウボーイ」、「遠い空の向こうに」、「マーズ・アタック」など、上記の他にもたくさんの映画を挙げていただきました。紹介しきれなかったコメントは、今月のお題「あなたのイチオシ宇宙・航空の映画を教えて!」でご覧いただけます。
たくさんのコメントありがとうございました。

コメントする
コメント
お名前

ライトスタッフとアポロ13は単品でも十分名作ですが、この二作はぜひとも前後編として連続して見ていただきたいです
ライトスタッフを見てからのアポロ13を見てるときの、懐かしい人や名前が出てきたりしたときなどの、笑いや悲しみや感動などの色々な感情の洪水は、両方を続けて見た人にしか体験出来ませんから。

「プラネテス」!映画ではないけどDVDアニメーションシリーズで宇宙のデブリ回収稼業のお仕事の「プラネテス」がやっぱ一押しです。これは漫画コミック原作のほうももすごくいいですよ。

宇宙戦艦ヤマト!

大人になってからも爆発しちゃうんだー・・・。 うるしばたさんありがとうございます。私はまだ小6なのですが、、、これからどーなっちゃうんだろう、、、。
「宙のまにまに」へー、面白そうですね〜。今度読んでみよっかなー‼️ うるしばたさん!本当に有難うございました!!

はやぶさいいですよね!私は、3作品全部見たことあります!

すごいたくさんSF映画ってあるんですね〜。
私はSTARWARSの大大大大ファンです⭐️⭐️⭐️⭐️
うるしばたさん、エピソード7はどうでしたか?
私としての感想はルーカスさんの手から離れてディズニーのものになったスターウォーズはスターウォーズではないとおもっていましたが、ストーリー新たなものでこれはこれで良いなと思いました。
私はエピソード3が好きですね〜。エピソード2の後半とエピソード3の前半のダークサイドがうっすらかかり始めたアナキン・スカイウォーカーがキャラとしてはカッコいいなとおもいます。
長文失礼しました。
うるしばたさんよければお返事いただけますか?

御指名にあずかりまして…。BB-8 LOVEさんありがとうございます。
Ep I-VIまでは、20世紀Foxの配給ということで、マニアの人たちからはオープニングファンファーレを含めてそこまでがStar Warsだ!と認識され、近年手に入れたベスト盤CDにもそれが入っていました。
ディズニー配給になったEp VIIでも、その点は大分配慮されているようですね。ディズニーのオープニングピースは付いていませんでしたから。
私が嬉しかったのは、予告編でハン・ソロとチューバッカの黄金コンビが懐かしげにミレニアムファルコンの船内を見ながら「チューイ、戻って来たぞ」と感慨深げに呟く場面が流れたことです。レイに助けられたBB-8が子犬のごとく懐いてしまい、「連れてってー!」とちょっと駄々をこね、仕方ないな…とレイがおいで、と表情で返すのに、「ウィー!!」とBB-8が喜んでついていっちゃう場面も面白かった。
Ep 4で初登場したR2-D2があんな感じだったな、と感じました。
私、R2-D2が大好きなんです。部屋にはR2が大小取り揃えて10体くらいあり、まさにR2だらけ(笑)。油井さんの長期滞在期間に、ISSを見送るR2-D2という演出画像も撮りまして、ISSの投稿画像のページにも掲載して戴いております(2015.12.07-当該ページは削除されてしまっていますが…)。だから、R2が本エピソードでほとんどスリープ状態だったのはちょっと残念でした。
BB-8も可愛いですネ!リモコン操作式のを1体、持っていますよ。
謎も1つありましたね。Ep Vでルークがベイダーと争い、右腕と一緒にクラウドシティで失われたはずのライトセイバーが惑星タコダノにあったのはなぜなのか?今後、その謎が語られるはずです。
映画としての評価は、このシリーズの区切りとなるはずの、Ep IXまで出ないと定まらないかと思いますが、本作は劇場で見て面白かった。今年12月公開予定の外伝も含めて、今後が楽しみです。

映画ではなく、コミックスなんですが…。『宙のまにまに』(柏原麻実/講談社)をシーズンまるまる周回遅れで手にして、何と素晴らしい、と感激していました。高校部活動系青春コメディともいうべき作品でしたが、ちゃんと部活動をして、天文の知識も正確に描かれた良作でした。人気が出て、2009国際天文年にはアニメーション化されたという実績もあります。
『宙まに』の映像は、背景の星空がCGで作り込まれ、季節による星座の移ろいはもちろん、月の位置や星の色まできちんと描かれ、「スターウォーズ並み」の精緻を極めた星空、と絶賛されたほどです。
登場人物の会話や動作にも、小ネタとして有名な過去作品の技なんかが出てくるのも見ていて楽しめました。天体望遠鏡の接眼部からフラッシュの光を焚いて「波動砲!」とか、北斗七星を観察して「死兆星だ!」とか(カメラのバルブ撮影で「お前はもう、写っている!」てのもあります(笑))。第2期連載では、地学志望で鉱物採取が好きな女の子が入部した時には、ポム爺さん(「これはジブリの『天空の城ラピュタ』の登場人物です)みたいな兄の影響で地学好きになった、と説明する場面も出ていました(作者の柏原さんが、ジブリ好きなのも関係していますね)。
その当時、私はStar Warsのことを忘れかけていたですけれど、ヒロインの女の子・美星がオビワンの衣装をモチーフにした服を着て、ライトセイバーをぶいん・ぶいん、と鳴らしているイラストを見てつい懐かしくなり、今だったらセイバーのおもちゃも市販されているのでは、と検索したらすぐに見つかりました。それからですよ、Star Wars熱が再発したのは。2011年11月に青色LEDを使ったライトセイバーを手に入れて、既にその時点で青色LED実用化から17年経っていた、というのも感慨深いものでした。
で、BB-8 Loveさん、ここからが本筋なんです(笑)。
2014年に青色LED発明がノーベル物理学賞授与の対象になって、国立天文台のW先生のところに特別公開の際に行き、W先生にジェダイ=マスターになって貰い(本来なら開発者の一人・天野浩先生にお願いするべきですが)、私がVaderのマスクを被って、W先生がVaderを成敗する、という演出写真を撮らせて戴きました!
天文情報センタの方に、「ボスになんてことをさせるんだ!」とお叱りを受けるかと思いつつもお見せしたところ、「この画像、めちゃくちゃ良い!」と褒められた、という具合です。
Star Wars熱は、小さい時に罹るよりも、大人になってから再発した方が重症化するので非常に厄介です(笑)。

うるしばたさん勝手に指名したのにお返事どうもありがとうございました。
本当にローグワン楽しみですよね〜^o^
私の部屋もR2やBB-8でいっぱいでカオス状態です・・・^_^;
ポスター貼ったり、BB-8のロボットがあったりと正直かなりヤバイと思ってます・・・。
私の友達にスターウォーズがきっかけで親に名前をつけられた双子がいるんです❗️るうく(ルーク)、きいす(キース)(キースっていうスターウォーズのキャラ知ってますか?)、その2人の姉がれいや(レイヤ)なんですよー

改めて見直してみて、みなさんが持つそれぞれの映画への思いが伝わってくる珠玉のコメントぞろいですね。そのまま、映画情報誌のコメントとしても立派に通用すると感じました(私のコメントも含めて…(笑)。それはまあいいか(^_^)>)。
『はやぶさ』の実写版も素晴らしかったと思います。これは間違いなく、現代版『生きる』(1952・黒澤明監督作品)だと思っています。「これはもう絶対に無理だろう」、と諦めてもおかしくない状況に、合理的な対策で課題の一つ一つを解決していく…。末期癌に冒された渡辺勘治(演:志村 喬)さんが役所の各部署を説得して公園を完成させていき、最期に雪のちらつく公園でブランコを揺らしながら『ゴンドラの唄』を口ずさむ場面と、『はやぶさ』が全ての使命を達成した後、大気圏再突入して流れ星になっていく場面とはどうしても重なってしまいます。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年