探査機「ニューホライズンズ」が冥王星の観測を開始!

2015年1月28日(水)

  • 海外
  • 人工衛星・探査機
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像:冥王星に最接近(2015年7月予定)する「ニューホライズンズ」の想像図 (C)NASA/JHU APL/SwRI/Steve Gribben

2015年1月15日、米国航空宇宙局(NASA)は2006年に打ち上げられた探査機「ニューホライズンズ」が、足掛け9年間にわたる惑星間航行を終えて、冥王星の観測を始めたことを明らかにしました。

冥王星に探査機が接近して観測するのは史上初で、今年の7月には最接近する予定です。
探査機に積まれた赤外線や紫外線などを捉える7種類の観測機器で大気や地形のほか、最大の衛星「カロン」について詳しく調べることになっており、謎の多い「冥王星」について新たな発見が得られることが期待されています。

冥王星軌道の通過後は、さらにエッジワース・カイパーベルト内の別の太陽系外縁天体を探査、20年頃太陽系を脱出する予定です。

もっと知りたい

冥王星はとても遠くにあり、月よりも小さい

冥王星は1930年に発見された岩石質の惑星で、氷と凍ったメタンでおおわれていると考えられています。1978年の衛星「カロン」発見により、その運動などから質量と直径は明らかになりましたが、地球の月の約3分の2と小さく、約40天文単位(*)という遠くにあるため、まだ多くの謎が残されています。2006年の国際天文学連合総会において「惑星」の分類から外れ「準惑星」と定義されました。
* 1天文単位=約1億5千万キロメートル

ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された冥王星 (C)NASA

準惑星ってなに?

1. 太陽の周囲を公転している
2. 十分大きい(重い)ために、自分の重力でほぼ球形をしている
3. その軌道の近くで多数の類似する天体が残っている、
という定義を満たす天体。惑星とは3. のみ異なります。
冥王星のほかにケレス、エリス、マケマケ、ハウメアの4つがあります。(右図のセドナは将来の候補)

(C)国立科学博物館

コメントする
コメント
お名前

地球の皆様、よくお気付きになりましたね。現在、冥王星ではカロン、ニクス、ヒドラ、ケルベロス、ステュクス等といった衛星公国と同盟を結んでおります。ニューホライズンズによる観測も心よりご支援致します!

ニューホライズンズ、あと二ヶ月で到着〜✨冥王星は、すぐそこにっ‼️もうすぐつくぞ☻ヾ(@⌒ー⌒@)ノ✨✨✨✨✨

リアルタイムで惑星の(今は準惑星だけど)ちゃんとした初画像を見れる喜び!
ボイジャーが太陽系外に出た知らせも喜びましたが、
楽しみです。
ニューホライズンズに注目!

小学校6年生です
あまり鮮明な画像は見たことがないので楽しみです。
生き物はいるでしょうか?

冥王星…図鑑にはとても寒そうで何もない星として紹介されていた気がします。どんな姿が待っているのか本当に楽しみです。

9年間も漆黒の闇を一人で旅をしていたなんて凄い!
冥王星の姿、本当に楽しみです。

惑星はアメリカに任せた 小惑星は日本に任せろ

どんな光景を見られるか、ワクワクします♪名前の通り、new horizonかな♪♪♪

冥王星の観測がんばれ~!!
頼むぞ! ニューホライズンズ!!

冥王星の姿をばっちり捉えてください! 
頑張れ!ニューホライズンズ!

子供の頃にアニメで見た冥王星には
スライムに似た原生動物が生息していました。
実際の冥王星はどんな姿なのか、早く知りたいです。

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。