「宇宙の日」作文絵画コンテストの表彰式が開催されました!

2014年9月22日(月)

  • イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年9月12日の「宇宙の日」にちなんで開催されている全国小・中学生作文絵画コンテスト主催者賞の表彰式が、9月14日(日)に筑波宇宙センターで開催されました。

このコンテストは、文部科学省、自然科学研究機構国立天文台、宇宙航空研究開発機構、日本科学未来館、リモート・センシング技術センター、日本宇宙フォーラムと全国の協力科学館等が共催で行っているコンテストで、今年は22回目となりました。
今年は小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げにちなんで「宇宙たんけん」というテーマで作品を募集したところ、全国から作文・絵画あわせて18,631作品もの応募がありました。
全国の協力科学館等で最優秀賞に選ばれた作品を対象に、主催者賞の審査を行い合計29名の受賞者が決定。表彰式には28名の受賞者とそのご家族の皆さまにご出席いただきました。


表彰式会場には、「宇宙の日」キャラクターである
星ノ介くんも駆けつけ、受賞者の皆さんをお祝い

なお、受賞作品は、12月28日(日)まで筑波宇宙センターのプラネットキューブで展示していますので、
皆さんもぜひご覧ください!

コメントする
コメント
お名前
この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。