本文へ移動する

「だいち2号」から初の観測画像が送られてきました!

2014年7月1日(火)

  • プロジェクト
  • 人工衛星
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年5月24日に打ち上げられた「だいち2号」は機能確認試験を実施中です。
この試験の一環で「だいち2号」からはじめて送られてきた画像をお見せします!
画像中央にカーソルを当て、あらわれる緑色スライダを左右にスライドしてみてください。
以前のものと「だいち2号」、ふたつの観測画像を比較できます。

千葉県浦安市(東京ディズニーリゾート周辺)の様子

before
after

「だいち2号」は前号機の「だいち」に比べて、より精密に地表の様子を観測できるようになりました。



西之島(東京都小笠原村)

before
after

2013年11月に噴火して以降、陸地面積の拡大が続いている西之島。
2014年2月4日に航空機のレーダ(Pi-SAR-L2)で観測した画像と「だいち2号」が同年6月20日に観測した画像を比較すると、成長し続けている様子がわかります。
西之島は東京から約1000kmも離れた場所にあり、これまでは遠くから飛行機を飛ばして観測していましたが、「だいち2号」なら定期的に西之島の様子を観測することができます。
また、火山の噴煙が上がっている場所や夜間でもLバンド合成開口レーダは観測可能!



ムービーでみる「だいち2号」初画像



「だいち2号」の観測データは、災害が発生した場所の状況を把握したり、森林伐採の監視、オホーツクや北極・南極付近の海氷観測などに役立つことが期待されています。動画中で使用されている鳥瞰図は、国土地理院の数値標高モデル(10mメッシュ)を利用しています。

今後「だいち2号」は機能確認を続け、11月下旬には一般利用者へ大地の精密検査データを提供開始する予定です。



コメントする
コメント
お名前

広島の土砂災害に御嶽山の噴火。だいち2号くんは打ち上がったばかりなのに、もう大活躍。

目指せ世界遺産制覇

台風がダメなら土砂災害とか地盤のゆるさとかはどうですか

GPM衛星 の台風観測画像見ました!今後の防災に役立つことを期待してます!
ALOS-2も、初期性能確認中ということで、万全を期した状態で、今後の活躍に期待してます!
宇宙からの目が見守ってると思うと心強いです!

まずは、『おめでとうございます!!』。
無事に進んでいて安心しています。
やっぱり、2号は凄い。いや、まだ2号なのにって感じですか。
新たな発見があるといいですね! 頑張って下さい!

台風の観測、期待してます!でも焦らずに頑張って下さい!

だいち2号は、台風8号の観測はまだ難しいのでしょうか?

匿名さま

コメントありがとうございます。

「だいち2号」は、大地を観測する衛星なので、台風が地表に土砂災害をもたらした際に、迅速な観測をする役目を担っています。ただ、現在はまだ初期性能確認中ですので、本格的な観測とデータの提供は11月下旬以降を予定しています。

もし今回の台風8号が地面に災害の爪痕を残すことがあれば、後にその観測を行う可能性はありますが、まずはそのような被害が出ないことを祈っています。

おめでとうございます♪頑張ってる日本にgood newsですね!

西ノ島の画像、おもしろいですね。
画像の精細度の比較と、島の大きさの比較が両方できます。

PALSAR-2の性能は素晴らしい!!
夜であっても観測できるのは、やはり一番の強みですね。
今後の発表される画像も大変楽しみです!!!

画像取得成功おめでとうございます!
この日を待ちに待ちました。
やっぱり最初は富士山ですね!

だいち2号初画像ー!おめでとうございますー!!
夜でもはっきり観測!すごいですー!(≧▽≦)
画像を見たらうれし涙が出ました(ノω・、)゚.+。*・。

噴火が続いていて危なくてなかなか近づけないという
あの小笠原諸島の西之島の撮影もぜひ!お願いいたします。

これからだいち2号の膨大なデータ解析、活用など
色々大変だと思いますが応援しています、がんばってください(^^)。

すごい…!本当に、地球の精密検査ですね。

きたきたー!
地上の初画像! しかも動画! しかも3D!
だいち2号、やっばり凄すぎ!
スタッフの皆様、ありがとうございます!きれいです!
この力で地球を見守ってくださいね!

この記事に関するツイート

タイムラインに表示するものがありません。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016-2017年