本文へ移動する

イプシロン大解剖[1] イプシロン試験機を振り返る

2017年11月30日(木)

  • プロジェクト
  • ロケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

イプシロンロケット試験機は機体の一部にM-Vロケットの技術を引き継ぎながら、H-IIAロケットで使われている部品や技術が活用し、短期間で、効率よく開発されました。
ロケット機体の開発だけではなく、点検や組立てなどの運用も効率化することによって、簡単に打ち上げられるシステムを作り上げました。「世界一コンパクトな打ち上げ」を目指し、運用・設備・機体の3点セットからなる打ち上げシステム全体の改革に取り組みます。

例えば、M-Vロケットでは、打ち上げ前の地上での点検作業に多くの装置が必要でした。
たくさんある部品を発射場でひとつひとつ手作業で組み立てる必要があったため、第1段ロケットを発射台に立ててから、打ち上げまでに2ヵ月近くもかかっていました。

イプシロンロケットでは、装置を減らして自動で点検できるようにし、手間と人手が少なくて済むようにしました。また、ロケットの部品を減らして、出来上がりに近い形で発射場に持って行けるような仕組みにしました。その結果、第1段ロケットを発射台に立てた後、短期間での打ち上げを可能にしました。さらに、これまでロケットの管制には特注の大きな計算機が必要でしたが、イプシロンロケットでは移動可能なほど計算機を小さくしコンパクトなシステムに切り替えました。

コメントする
コメント
お名前

イプシロン1号試験機は、打上げが直前に中止になったことでもよく覚えています。一番心労を感じていらっしゃったのは、もちろん作業に従事されていた当事者の方々だったのでは、と思っていました。
再打上げでも鹿児島入りをした際、未明の2時ごろから関係者が射場周辺の安全確認や交通整理、案内のために配置されていたことも身をもって知り、打上げ後に出る「関係各所のご協力に深甚の感謝を申し上げます」旨のレリースの真意も理解できたように思います。
試験機の打上げ成功を受けて講演を森田 泰弘先生にお願いした際には、イプシロンのペーパーモデルに自作の発射台、それにサンダーバード1号のプラモデルも用意して講演に活用して戴きました(M-Vが整備棟から出てくる様子をサンダーバード1号の発射の場面みたいだ、とお伝えしたのは何を隠そう、私です(笑))。‐打上げの際には、そのTBのテーマをウォークマンでガンガン鳴らした人がいたとかいなかったとか…。
森田先生の講演に感激した初老の女性が講演後に森田先生に御挨拶に見えた際、感激のあまり涙を流す様子に森田先生ご自身がずいぶん励まされた、とおっしゃっていました。

この記事に関するツイート
  1. 2017-12-07 01:15:58
    $screen_name Dardlight @JuanFBurgosG
    RT @JAXA_jp: [ファン!ファン!JAXA!] イプシロン大解剖[1] イプシロン試験機を振り返る https://t.co/UrcksOTaxB https://t.co/zM0Vh0cwNX
  2. 2017-12-06 19:51:29
    $screen_name WIND VON DER VENUS @WINDVONDERVENUS
    イプシロン大解剖[1] イプシロン試験機を振り返る | ファン!ファン!JAXA! https://t.co/TcCU8j7oQY

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年