タッチダウン実施にかかる記者会見のライブ中継(19/2/22)

  • 人工衛星
  • 探査機
  • 専門家向け
  • 記者説明会

タッチダウン実施にかかる記者会見のライブ中継(19/2/22)

小惑星探査機「はやぶさ2」は、リュウグウの中心から約20km上空のホームポジションの位置から、2月21日の13:15にリュウグウへの降下を開始しました。
「はやぶさ2」のリュウグウへのタッチダウン実施にかかる記者会見の様子を、ライブ中継(配信)いたします。

※ライブ中継をご視聴されたみなさまへ
ライブ中継映像を再度掲載しました。
ご視聴を楽しみにされていたみなさまにご不便をおかけして大変申し訳ございませんでした。

放送予定日時

平成31(2019)年2月22日(金)11:00~12:00頃

登壇者(予定)

「はやぶさ2」プロジェクトチーム
 プロジェクトマネージャ
 津田 雄一
 (宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授)

 プロジェクトエンジニア
 佐伯 孝尚
 (宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 助教)

タッチダウンに関連した情報は以下より御覧ください。

「はやぶさ2」の運用に関する情報については、JAXAウェブはやぶさ2特設サイト、はやぶさ2プロジェクトサイトにてお知らせします。

  • 記者会見ライブ配信へのご質問は、ここのコメント欄では受け付けておりません。予めご了承ください。

コメントする

 おめでとうございます。
 運用開始が5時間遅れて心配しましたが、半径3m内の
厳しい条件を見事クリアして、弾丸発射もコマンド確認に加えて
温度上昇記録確認という精密さで、先代の川口チームの偉業を
引き継ぐ仕事ぶりでした。
 大変誇りに思い、昨夜は赤飯で祝いました。今後の運用にも
ご精進ください。 

吉川先生、記者会見しながら画像編集してたのか!

タッチダウン運用ライブ配信見てました。
みなさんが幸せそうで、素敵でした。

ど素人なので内容を理解することが出来るかはわかりませんが、
記者会見も見てみます。

ワクワクします。
なんか誇らしいです。
必ず戻ってきて!